投稿

星合の空に【建礼門院右京大夫あらすじマンガ】

イメージ
七夕の夜、星を見上げる右京大夫は・・・。
あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<317歌詞書>より

漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。
◆解説目次◆・登場人物
・五十一首の七夕の歌
・知らばや告げよ天の彦星 登場人物 右京大夫(うきょうのだいぶ)
平徳子(建礼門院)に仕えていた女房。

平資盛(たいらのすけもり)
清盛の長男[重盛]の次男。右京大夫の恋人。
五十一首の七夕の歌 右京大夫の異名をご存じでしょうか。それは、「星夜賛美の歌人」。 右京大夫集には、星月夜を美しく描いた章段があり、(252歌詞書)右京大夫といえば、星のイメージなのですね。
そして、右京大夫集でなによりも目を引くのは、五十一首におよぶ七夕の歌たちです。
当時、七夕の夜には、七首の歌を七枚の梶の葉に歌を書き、星に備える風習がありました。 右京大夫は、そうした歌たちをまとめて、右京大夫集に収録しています。
これらがちょうど、宮中に再出仕する話の直前に配置されています。 歌集としては、ここで気分転換をはかっているかのようですね。
現実逃避の旅も終わり。 右京大夫は、平家のいなくなった宮中に再び身を置くことになるのです。





知らばや告げよ 天の彦星 右京大夫の七夕の歌には、とても素敵な歌がいっぱいあるので、いくつかご紹介します。
276歌
さまざまに 思ひやりつつ よそながら ながめかねぬる 星合の空

●現代語訳●
いろいろと想像しながら空を眺めていると、ひとごととは思えなくなった星合の空
資盛との恋がはじまったあたりでしょうか。 恋のドキドキが伝わるかわいい歌ですね。
293歌
なにごとも 変わりはてぬる 世の中に 契りたがはぬ 星合の空

●現代語訳●
何事もすっかりかわってしまった世の中で、年に一度の星合の約束だけは変わらない七夕の空よ。
平家滅亡の激動を経ての歌。世の中も、自分の境遇もすっかり変わってしまったのに、そんなことに関係なく、今年も星は空に輝くのです。
303歌
七夕の 契りなげきし 身のはては 逢ふ瀬をよそに 聞きわたりつつ

●現代語訳●
たまにしか会えない七夕の契りに同情していた自分は、とうとう、年に一度の逢瀬すらなくなって、よそごとに聞くだけになってしまった。
317歌
嘆きても 逢ふ瀬を頼む 天の河 このわたりこそ かなしかりけれ

●現代語訳●
星たちは嘆いても、天の河での逢瀬をあてにすることはできるけれど、わたしとあの方の間の渡りに…

波の底の資盛に【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】

イメージ
旅に出た右京大夫でしたが、結局どこにいても悲しみは尽きないまま、都に戻ることになりました。帰り道の琵琶湖の湖畔で… あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<259歌詞書>より
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。
◆解説目次◆・登場人物
・荒き波にも たちまじらまし
・聡明で現実的な女性・右京大夫 登場人物 右京大夫(うきょうのだいぶ)
平徳子(建礼門院)に仕えていた女房。

平資盛(たいらのすけもり)
清盛の長男[重盛]の次男。右京大夫の恋人。
荒き波にも たちまじらまし これまでも、雪を見たり、橘を見たりする度に、恋人・資盛の在りし日のことを思い出していた右京大夫でしたが、さすがに琵琶湖の湖面を見たときには、壇ノ浦でのことを考えずにはいられなったようです。
259歌
恋ひしのぶ 人に近江の 海ならば 荒き波にも たちまじらまし

●現代語訳●
恋しいあの人に、この近江の湖で逢うことができるのならば、私は、この荒い波の中にだって入っていくのに。
※あふみ…「近江」と「逢ふ」の掛詞。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
この歌を見たときに連想されるのは、討たれた夫(平通盛)の後を追って入水した小宰相のことです。
平家屈指のラブラブ夫婦・平通盛小宰相について、「平家物語」(覚一本)に沿って簡単に紹介します。
小宰相は、上西門院(後白河の姉)に仕える女房で、宮中第一と言われるほどの美女でした。そんな小宰相に一目惚れしたのが、平通盛。(清盛の弟[教盛]の長男)
中々心を開かない小宰相に通盛はラブレターを送りつづけ、三年越しの恋はついに実ります。通盛は、美しい小宰相をとても大事にしたようで、西国行きにも同行させしました。
ところが通盛は、一ノ谷の戦いで、討たれてしまいます。 通盛は、湊川で敵七騎に囲まれ、もう後がないとわかったときでさえ、側に仕えていた侍に「私が討たれても、おまえは命を捨てるな、なんとしても生き残って北の方(小宰相)のもとに行け」と言い、最後の最後まで、小宰相のことを気遣っていたといいます。
最愛の夫の最期を聞いた小宰相は、人目をさけて、夜中に一人、海に飛び込みました。 (平家物語巻九「小宰相身投」)
この壮絶な小宰相の最期を伝え聞いたとき、右京大夫は、「かへすがえす、ためしなかりける契りの深さもいはむかたなし」と語っています。(165歌詞書)
もしかすると、悲劇とはいえ、愛を貫いた小宰相が羨…

【平家物語】あらすじと見所!【これで平家が好きになる】

イメージ
今回は特別記事です。

というのも、どうも巷では「平家=悪」のイメージが一定数あるみたいで…(泣)

なので今回は、平家ファンの目線で『平家物語』を紹介する記事を書こうと思います。
では、さっそくどうぞ!

※ここで紹介するのは、「覚一本」です。
◆目次◆・驕れる者は久しからず?
・平家物語 各巻あらすじ紹介
・平家物語おすすめ現代語訳
・平家略系図
驕れる者は久しからず? おそらくですね、「驕れる者は久しからず」という有名すぎるフレーズが独り歩きして、平家=悪のイメージに繋がっているんじゃないかと思うのですが。
ただ、『平家物語』を最後まで読むと、平家のことを決して悪く書いた物語ではないことがわかります。

確かに、「平家の悪行ここにきわまれり」と書かれてはいますが、これは、天皇家・摂関家・寺社に対する秩序を破ったという意味での「悪行」であって、一般的な意味での「悪」とはちょっと違います。
平家政権は、300年以上続いた平安京の王朝の秩序を短期間で覆したわけですから、そのこと自体が「悪」と言われてしまっているのです。
清盛自身の人柄は、情に厚い面も描かれていますし、日宋貿易等の施策については評価もされています。

なお、清盛が病没するのは巻六で、平家物語覚一本は全十二巻(灌頂巻を含むと十三巻)ありますので、半分以上は清盛の子・孫世代のお話です。
平家物語は、清盛の子・孫世代についてはむしろ同情的で、おおむね美しく気高く優しい好人物に描かれています。
一ノ谷で討たれたり、壇ノ浦で海に沈んだ平家の公達の中には、まだ10代の少年や20代の若者も多くいました。

平家物語を最後まで読めば、むしろ平家びいきになっちゃうかもしれない、と思うのですが、どうでしょう。

では、全巻あらすじをどうぞ!

平家物語 各巻あらすじ紹介 平家物語の各巻のあらすじと見所を紹介します。

巻一
清盛の父・平忠盛は、鳥羽院に引き立てられ内昇殿を許される。嫉妬にあって闇打ちされかかるも、機転で回避。ますます重用される。
清盛は太政大臣にまで昇り詰め、公卿十六人、殿上人三十人余りが、高位高官を独占。二条院が崩御すると、その子の六条天皇はまもなく退位させられ、建春門院滋子(清盛の妻・平時子の妹)の生んだ高倉天皇が即位。後白河院の近臣は、平家の躍進を次第に疎ましく思う。

[祇園精舎・殿上闇打・鱸・禿童・吾身栄花・祇王・二代后・額…

比叡坂本、雪の朝の思い出【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】

イメージ
都を離れ旅に出た右京大夫は、比叡坂本へ。橘の木に降る雪を見て、思い出したのは・・・。

あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<246歌詞書>より


漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。

◆解説目次◆・登場人物
・いづくもかりの 宿ときこゆる
・資盛は近衛少将だったのか問題! 登場人物 右京大夫(うきょうのだいぶ)
平徳子(建礼門院)に仕えていた女房。

平資盛(たいらのすけもり)
清盛の長男[重盛]の次男。右京大夫の恋人。

いづくもかりの 宿ときこゆる 右京大夫が向かった先は、比叡山の東麓、坂本。
逢坂の関を越えて、それほど隔たっているわけではないのに、雪が空を暗くし山おろしの風が吹く様子は、都とは別世界。雁の声が、いっそう寂しさをかき立てます。

246歌
憂きことは、所がらかと のがるれど いづくもかりの 宿ときこゆる
●現代語訳●
つらいのは場所のせいかと考えて都を逃れてきたけれど、この世はどこも仮の宿であるかというように、雁の声が聞こえてくる。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
この宿で右京大夫は、橘の木につもる雪を見て、ある朝のことを思い出します。

それは、内裏に雪が積もった朝のこと。
資盛が、雪のついたままの橘の枝を持って佇んでいるところを見かけた右京大夫。
「なぜ橘の枝を持っていらっしゃるの?」と尋ねると、
「(右近権少将である)自分にゆかりがある木だから…」と答えた資盛。

雪の朝の美しい恋人の思い出です。
※このエピソードの詳細は、こちらの過去記事を参照ください。
参考記事
右近の橘!
雪の資盛in宮中  

結局、どこにいても、何を見ても、資盛を思い出す右京大夫なのでした。





資盛は近衛少将だったのか問題! 雪の朝、橘の枝を持って佇む美しい公達。
それは、恋人・少将平資盛。

作中でも屈指の名場面なんですが、この美しい世界に水を差す、ある議論が・・・

それは・・・
「資盛ってこの時、少将じゃないんじゃねえの?」問題。

以前の記事でも触れましたが、
●右京大夫が宮仕えを退いたのは、治承二年(1178)11月の言仁親王誕生以前のこと。
(126歌詞書より)

●一方、資盛が近衛権少将に任官されたのは、治承二年

【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に
■星合の空に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■コラム 平家が題材の江戸川柳が面白い|
■コラム 平家物語あらすじと見所