雪のあした。平資盛、突然の訪れ。 【建礼門院右京大夫集あらすじ漫画】|平家物語

実家でくつろいでいた右京大夫。雪の降り積もる庭を眺めて、ロマンチックな妄想をしていたら・・・? 
 
あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<115番詞書>より

古文の建礼門院右京大夫集の平家物語のえこぶんこのあらすじイラスト漫画解説です。平資盛の雪のあしたのお話です。
古文の建礼門院右京大夫集の平家物語のえこぶんこのあらすじイラスト漫画解説です。平資盛の雪のあしたのお話です。
古文の建礼門院右京大夫集の平家物語のえこぶんこのあらすじイラスト漫画解説です。平資盛の雪のあしたのお話です。
古文の平家物語の建礼門院右京大夫集の平資盛の、えこぶんこのあらすじイラスト解説漫画です
建礼門院右京大夫集115番
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。

◆解説目次◆ ・登場人物
・ 服装大事!平安貴族の嗜み、かさねの色目
・雪のあしたはなほぞ恋しき

登場人物

平資盛(たいらの すけもり)
平清盛の長男(重盛)の次男。

右京大夫(うきょうのだいぶ)
中宮・徳子に仕える女房。

服装大事!平安貴族の嗜み、かさねの色目

突然の少女漫画展開ですみませんが、原文もけっこう少女漫画です。
雪の朝、ひとりで歌を呟いていると、突然現れた美しい恋人。
まるで絵巻物のようなドラマチックな場面ですね。

 さてこの話では、資盛の素敵な衣装に対し、自分のぱっとしない衣装を気にする描写があります。

平安時代の衣は袷(あわせ)仕立てなので、表の裂地と裏の裂地の色彩の調和にも心を配りました。(かさねの色目)

資盛の衣装は、 枯野の狩衣、蘇芳の衣、紫の指貫。
右京大夫の目には、 「いとなまめかしく見え」とても若々しく美しく見え)たそうです。

■枯野 (表ー黄、裏ー薄青)
野の面が雪・霜に逢って黄枯れてゆく、荒涼たる原の様を表した色目。
参考 :かさねの色目 平安の配彩美 青幻舎 長崎盛輝

まさに、右京大夫が眺めていた、雪が積もった荒れた庭にぴったりの服装ですね。
資盛は、なかなかのオシャレさんだったようです。


 対する右京大夫の衣装は、 薄柳の衣、紅梅の薄衣。
■薄柳(表ー白、裏ー淡青)
早春、猫柳の枝に芽生えた、白いうぶ毛の新芽の色。
■紅梅(表ー紅梅、裏ー蘇芳)
早春に花開く紅梅の色。

現代人には、これがどのくらいダサいのか、よくわかりませんが・・・。
(季節外れだった? 衣と薄衣の色が合わなかった?)

 自宅で適当な格好でくつろいでいたら、突然恋人がオシャレして現れたっていう感じでしょうか。そりゃ気後れしますよね。





雪のあしたはなほぞ恋しき。

右京大夫が詠んだ歌。
〔115番〕
年月の 積もり果てても その折の  雪のあしたは なほぞ恋しき

●現代語訳●
あれからずいぶん歳月はたったけれど、あの時の雪の朝のことは、やはり今でも恋しく思い出されます。

この歌は、この雪の日に詠んだ歌ではなく、後になってから当時を思い出して詠んだ、右京大夫の独白です。

年月が積もったことと、雪が積もっていたことを重ねて、もう今はいない資盛をいつまでも忘れられない自分のことを、詠んでいます。

 詞書には、
歳月多く積もりぬれど、心には近きも、かへすがへすむつかし 」(あれから歳月はたいぶ経ったのに、心には昨日のことのように思い出されるのも、本当に困ってしまう) とあります。

右京大夫は、雪が降るたびに、この日の資盛のことを思い出さずにはいられなかったんでしょうね。



▼シェアボタン
 



にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村




※参考文献/「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏/「建礼門院右京大夫集全注釈」(講談社)糸賀きみ江氏/「平家物語」新日本古典文学大系(岩波書店)梶原正昭氏・山下宏明氏

【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所