資盛からの、最後の便り!【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】

逡巡の末、屋島の資盛へ手紙を書いた右京大夫。資盛から返事が届きます。これが、資盛からの最後の便りとなりました。

あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<220歌詞書>より
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。

◆解説目次◆ ・登場人物
・さすがにうれしきよし言ひて
・屋島の戦い

登場人物

右京大夫(うきょうのだいぶ)
平徳子(建礼門院)に仕えていた女房。現在は退職。

平資盛(たいらのすけもり)
清盛の長男[重盛]の次男。右京大夫の恋人。

さすがにうれしきよし言ひて

都落ちの時に、右京大夫に「文をやることなども、いづくの浦よりもせじ」(どこの浦からも手紙を出したりはしない)と誓った資盛。

けれども、右京大夫からの手紙を見たときには、
「さすがにうれしきよし言ひて(さすがに嬉しかった)そうです。

右京大夫にそう伝えてあげる資盛は、優しいですね。
手紙を出してよかったのか悩んでいた右京大夫を救う一言だと思います。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

資盛の歌からは、気丈に振る舞いたいけれど、ともすれば心が折れそうになる、一人の青年の苦悩が伝わってきて辛いですね。

この手紙を読んだ右京大夫は、「見し心地、まして言ふ方なし」(読んだときの気持ちは、言いようもなかった)そうです。
これが、資盛最後の手紙となりました。


なお、このとき資盛の詠んだ歌
あるほどが あるにもあらぬ うちになほ かく憂きことを 見るぞかなしき
は、『玉葉和歌集』にも、「前右近中将資盛」として入集しています。(雑四・2344歌)



屋島の戦い

この頃の、源氏と平家の動向を見ておきましょう。

平家は、本拠地の讃岐国屋島と、長門国彦島の二箇所を拠点とし、なお一定の勢力を有していました。

源氏の方は、寿永三年(1184)8月、範頼が平家追討のため鎌倉を出発。9月2日に西国に下向しました。
範頼は、翌年1月26日九州に渡り、2月1日には、平家の有力家人である太宰権少弐原田種直を打ち取りました。この時点では頼朝は、九州武士の組織化を進め、平家を包囲することで、平家の降伏を促す構想であったと考えられています。

一方で、寿永四年1月10日、畿内の軍政指揮官として京にいた義経が、平家追討のため西国へ出陣。(この出陣に関しては、後白河院の許可のみで、鎌倉の頼朝の許可は得られていなかったという説があります)
摂津国で渡辺党の協力を得た義経は、2月16日夜に四国に向かいました。

『平家物語』には、この時、四国に渡ろうとする義経梶原景時の間で、「船に逆櫓をつけるかどうか」で論争になったという有名な話があります。実際には梶原景時は、上記の範頼に協力しており、このとき義経軍には参加していなかったとみられています。
どうやら逆櫓論争は、後の義経と景時の確執に着想して作られたエピソードのようです。

2月18日、義経軍が、屋島の平家本陣を襲撃。(屋島の戦い
急襲に対応できなかった平家軍は、安徳天皇を伴って、もう一つの拠点である長門国彦島に向かって撤退しました。

勢いづいた義経軍は、熊野水軍河野水軍を味方につけ、周防国で三浦義澄の軍勢と合流し、3月22日、長門国壇ノ浦まで進軍しました。

それを受けて平家軍も彦島を出発。
そして、ついに、3月24日正午、壇ノ浦の戦いが始まるのです。


※参考文献 「源平の内乱と公武政権」川合康氏(吉川弘文館)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

次回、ついに壇ノ浦の戦いです。



▼シェアボタン
 

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村





※参考文献「平家物語」新日本古典文学大系(岩波書店)/「平家物語図典」(小学館)/「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏/「源平の内乱と公武政権」川合康氏(吉川弘文館)/「平家の群像」高橋昌明氏(岩波新書)

【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所