投稿

2019の投稿を表示しています

『平家物語』おすすめ本 7選!【原文・現代語訳・新書・古典・小説・漫画】

イメージ
今回はコラムです。 『平家物語』 を楽しむための オススメ本 を紹介します! 大の平家ファン・えこぶんこが、ガチで面白いと思った本ばかりを厳選しました。 ◆目次◆ ・原文・現代語訳 ・新書 ・古典文学 ・小説 ・漫画   原文・現代語訳 ■「平家物語 全訳注」(杉本圭三郎氏)講談社学術文庫 新版 平家物語(四) 全訳注 (講談社学術文庫) 古文ファンの愛読書 、講談社学術文庫です。 底本は覚一本。 図書館で分厚い全集を借りなくても、原文と現代語訳が文庫で通勤時間に読めるなんて、なんと贅沢で有り難いシリーズだろう。 古文にあまり馴染みがないという方にも原文・現代語訳はオススメできます。 なぜなら 『平家物語(覚一本)』 は、そんなに難しくない からです。 例えば、平安中期の王朝文学などは、主語がなくて誰がしゃべってるのかわからなくなったりしますが・・・(私はそうなる) 『平家物語(覚一本)』 は、ちゃんと主語もセリフもわかるし、ストーリーも明快。キャラがそれぞれ立っていて、現代の小説を読んでいるのと変わらない感覚で、感情移入できます。 というのも、数ある平家物語諸本のうち、 「覚一本 」 は、琵琶法師が語ったテキスト。 ドラマチックに、涙を誘うように 作られているのです。 とはいえ結構な長さですから、面白そうな巻から読むのもいい手だと思います。  個人的にはやはり 、 木曽義仲が京に迫ってくる巻七あたりから、平家一門が壇ノ浦に沈む巻十一まで が特に緊張感があって面白いと思っています。 序盤は寺院の強訴の話などが続きますので、 いわゆる源平合戦を楽しみたい場合は、巻七あたりから読み始めていい と思います (講談社学術文庫では(三)収録) 重衡・維盛ファンにお勧めは、巻十 です! (講談社学術文庫では(四)収録) ※平家物語各巻のあらすじは、こちらの記事もご参照ください。 参考記事 平家物語 あらすじと見所 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ■「吉村昭の平家物語」(講談社文庫) 吉村昭の平家物語 (講談社文庫) もっと 簡潔に現代語訳を読みたい 、という方にオススメ。 といってもダイジェスト版ではなく、 ほぼ全体が収録されている ので、ストーリーがぶつ切りになることはありま

資盛と右京、今生の別れ!寿永元暦の夢まぼろし【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】|現代語訳

イメージ
ついに、資盛と右京大夫、今生の別れのとき。戦地に赴く資盛の心の内には、悲愴な覚悟があった。 あらすじを漫画でどうぞ。 『建礼門院右京大夫集』<205番詞書>より 漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。 ◆解説目次◆ ・登場人物 ・寿永元暦の夢まぼろし ・戦地へ向かう資盛の葛藤   登場人物 平資盛(たいらのすけもり) 清盛の長男[重盛]の次男。右京大夫の恋人。 右京大夫(うきょうのだいぶ) 中宮・徳子に仕える女房。現在は退職。 寿永元暦の夢まぼろし この段は、下手な解説より、ぜひ原文を味わってみてください。 原文のクオリティがすごいので!   205番詞書は、今までの明るく平和な雰囲気から一転、戦乱の悲劇を語る次の名文で始まります。 ●原文● 寿永元暦などのころの世の騒ぎは、夢ともまぼろしとも、あはれとも何とも、すべてすべて言ふべき際にもなかりしかば、よろづいかなりしとだに思ひ分かれず、なかなか思ひも出でじとのみぞ、今までも覚ゆる ●現代語訳● 寿永・元暦のころの世の中の騒乱は、夢とも幻とも、悲しいとも何とも、言葉で表すことのできるようなものではなかったので、万事どうであったということさえ私には判別することができず、 いっそのこと思い出すまいとばかり、今に至るまで思われます 。 ※原文は、『新全集』(小学館)より抜粋 ここから、かつて華やかな宮中で交流しあった平家の公達たちの悲劇が、時系列を追って語られていきます。 清経 、 経正 、 忠度 、 重衡 、 維盛 ・・・・ そして、 資盛 。 今まで、宮中での明るく優しい彼らの姿を読んできただけに、読み進めるのが辛くなりますね。 戦地へ向かう資盛の葛藤 『右京大夫集』の中で、都落ち以前の資盛の描写は、意外にもそれほど多くはないのですが(むしろ維盛の方が多いくらい)、 205番詞書で資盛は、 戦乱に臨む悲愴な覚悟 を長文で切々と語ります。 (上の漫画のシーンです)  こちらも、是非原文でどうぞ。 ●原文● (資盛の言葉)  「かかる世の騒ぎになりぬれば、はかなき数にただいまにてもならむことは、疑ひなきことなり。 (中略)  また、もし命たとひ今しばしなどありとも、すべて今は心を昔の身と

平資盛、最後の願い!【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】|平家物語

イメージ
平家都落ちの計画を知った右京大夫。動揺する右京大夫に、資盛が願ったこととは? あらすじを漫画でどうぞ。 『建礼門院右京大夫集』<205番詞書>より 漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。 ◆解説目次◆ ・登場人物 ・資盛の都落ちと後白河院 ・資盛は帰降するつもりだったのか?   登場人物 平資盛(たいらのすけもり) 清盛の長男[重盛]の次男。右京大夫の恋人。 右京大夫(うきょうのだいぶ) 中宮・徳子に仕える女房。現在は退職。 資盛の都落ちと、後白河院 右京大夫に語った内容を見る限り、資盛は都落ち後の平家の末路を予見していたように思えます。 けれども、実はこの時点では、資盛にはまだ 後白河院 という希望がありました。 資盛は、当時、後白河院の近習としても重用されていました。(『愚管抄』には 「院ノオボエシテサカリニ候へ」 と記されています。) 都落ちの4日前、7月21日には、資盛は追討使として近江へ出陣していました。 各方面の防衛にあたっていた平家一門は、 7月23~24日 頃にかけて、一旦都に引き揚げます。もちろん、都落ちに備えてです。 ところが、都落ち決行の 25日の朝、 後白河院は、既に鞍馬へ脱出していました 。(その後比叡山へ) ここに至って院はついに平家を見限ったのです。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 後白河院の脱出を知った資盛は、相当ショックだったであろうことが想像できます。 資盛は、大叔父にあたる 平頼盛 とともに、法住寺殿に駆けつけ、既に脱出済みの後白河院に連絡を取ることを試みます。 (平頼盛は、資盛の正妻の祖父でもあるので、ここで行動をともにしたのは、その縁かもしれません。) 結果、どうなったか。 頼盛 は、後白河院の取り計らいで八条院に身を寄せ、後には 源頼朝の元に帰降し、鎌倉時代を生き延びます 。 (平頼盛の母親・ 池禅尼 は、かつて平治の乱の折に 源頼朝の助命を嘆願した人物 です。その為、命の恩人の息子である平頼盛を、源頼朝は疎かにはしませんでした) 一方、資盛には、取り次ぐ人もなく、院から返事すらもらえなかったといいます。 やむを得ず資盛は、西国へ向かう平家一行に合流し、その後は滅びゆく平家と命運を共にします。  以上の話は『愚管

【おすすめ記事】

維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水 平家花揃えが面白い 人物ランキング
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

<エピローグ>
■読み継がれる右京大夫集

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所