諸行無常!六波羅と西八条【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】|平家物語

寿永二年7月25日、平家はついに都落ちを決行しました。

あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<205番詞書>より
またためし たぐひも知らぬ 憂きことを 見てもさてある 身ぞうとましき
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。
◆解説目次◆ ・登場人物
・灰燼に帰した六波羅と西八条
・都落ち哀話『平家物語』巻七 

登場人物

尊円(そんえん)
右京大夫の異父兄。父は藤原俊成。
現在、右京大夫が身を寄せている。

右京大夫(うきょうのだいぶ)
平徳子(建礼門院)に仕えていた女房。現在は退職。

灰燼に帰した六波羅と西八条

寿永二年(1183)7月25日、平家はついに都落ちを決行しました。
その際平家は、自邸をすべて焼き払って落ちて行きました。

「六波羅、池殿、小松殿、八条、西八条以下、一門の卿相雲客の家々廿余ケ所、一度に火をかけて皆焼き払ふ」(『平家物語』巻七「維盛都落」)

鴨川の東・六波羅には、東西五町(約550メートル)南北八町(約870メートル)にもわたり、平家一族の家がびっしりと立ち並んでいたといいます。
洛中の西八条には、清盛の広大な私邸がありました。(現在の京都鉄道博物館付近)

西八条邸は、かつて右京大夫が、維盛など平家の公達と、月花の美しい夜に徹夜の宴を楽しんだ場所です。平家の栄華を象徴する華やかな記憶の舞台は、平家自らの手によって灰燼となり果てました。

昨日までそこにあった平家一門の錚々たる邸宅群が、一瞬で無に帰ったわけですから、
「諸行無常、盛者必衰」が、目に見えてわかる衝撃的な光景だったでしょうね。






都落ち哀話 『平家物語』巻七

平家一門は都の文化人との交流も深かったので、都落ちに際しての別れのエピソードが、それぞれ有名な哀話となりました。

■平忠度と藤原俊成

清盛の弟・平忠度は歌人でもあり、藤原俊成に師事していました。
都落ちを前に、忠度は甲冑姿のまま俊成の屋敷を訪れ、
「勅撰集に、一首でも入れていだければ」と、自作の和歌集を託します。

俊成が承諾すると、忠度は、
「これでこの世に思い残すことはございません」と感謝し、颯爽と馬に乗り西へ向かって去っていきました。

『平家物語』巻七「忠度都落」

俊成はこの約束を違えず、後に『千載和歌集』に次の忠度の一首を入集しました。

『さざなみや 志賀の都は あれにしを 昔ながらの 山ざくらかな』

ただ、朝敵になってしまった忠度の名を載せることは憚られたため、千載集には「詠み人知らず」と記されています。
平忠度と藤原俊成


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■平経正と仁和寺御室

琵琶の名手・平経正は、幼少期、仁和寺の五代目門跡(覚性法親王)に稚児として仕えていました。
経正愛用の名器『青山の琵琶』は、覚性法親王からもらい受けたものです。

都落ちを前に、経正は甲冑姿で仁和寺を訪れ、「これほどの名器を田舎の塵にしてしまうのは残念ですので」といい、六代目門跡(守覚法親王)に青山の琵琶を返しました。
経正が退出するときには、稚児や僧が皆涙を流し、袖を引き留めて別れを惜しんだといいます。

『平家物語』巻七「経正都落」

平経正と守覚法親王
経正忠度も、この半年後の一ノ谷の戦いで討たれてしまいますので、これらの話は、より一層人々の涙を誘う哀話となりました。
『忠度』『経正』は、能の演目にもなっています。
平家平氏系図

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

都を去った平家と入れ替わりに、木曽義仲が入京。平家は、大宰府にまで落ちていきます。次回に続きます。



▼シェアボタン
 

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村





※「平家物語」新日本古典文学大系(岩波書店)/「平家物語必携」(學燈社)/「平家物語図典」(小学館)/「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏

【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所