どういうつもり⁈ 藤原隆信の横恋慕 -2【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】|平家物語

尼君の庵での出会いをきっかけに、藤原隆信から熱心な和歌が届くようになりました。気丈につっぱねていた右京大夫でしたが・・・。
あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<136~141番詞書>より
「思ひ分くかたもなぎさに寄る波のいとかく袖を濡らすべしやは」古典文学の平家物語と建礼門院右京集の原文と現代語訳漫画
藤原隆信の古典文学の平家物語と建礼門院右京集の原文と現代語訳漫画
「思ひ分くかたもなぎさに寄る波のいとかく袖を濡らすべしやは」古典文学の平家物語と建礼門院右京集の原文と現代語訳漫画
うらやましいかなる風のなさけにて焚く藻のけぶりうちなびきけむ平家物語と建礼門院右京集の現代語訳あらすじマンガ 
消えぬべきけぶりの末は浦風になびきもせずてただよふものを平家物語と建礼門院右京集の現代語訳あらすじマンガ
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。

◆解説目次◆ ・登場人物
・攻める隆信、守・・・れるか右京大夫!
・大人の余裕?!隆信と資盛、その差二十歳!

登場人物

藤原隆信 ふじわらのたかのぶ
歌人。似絵の名手。

右京大夫 うきょうのだいぶ
中宮・徳子に仕える女房。

攻める隆信、守・・・れるか右京大夫!


・・・右京大夫!隆信の術中に嵌っていますよ!

はじめに隆信が詠んだ歌。
〔136番〕
思ひ分く かたもなぎさに 寄る波の いとかく袖を 濡らすべしやは

●現代語訳●
区別する干潟もないままに、渚に寄る波がかかって
(分別する方法もないまま、あなたに心を寄せて、そのために流す涙で)
こんなに袖を濡らしています。いつまで私を悲しませるのでしょうか。

なかなか技巧を凝らしています。
■かた  方と潟の の掛詞。
■なぎさ 無きと渚の掛詞
■かく  斯くと掛くの掛詞
■潟・渚・寄る・波・掛く・濡らす縁語

これに対しては、右京大夫はピシャリとつっぱねる和歌を返しているのですけどね。
問題は、次です、次。


〔140番〕隆信
うらやまし いかなる風の なさけにて 焚く藻のけぶり うちなびきけむ

〔141番〕右京大夫
消えぬべき けぶりの末は 浦風に なびきもせずて ただよふものを

●現代語訳●
〔140番〕
うらやましいな。いったいどんな風で、焚く藻の煙はなびいたのでしょう。
(どんな男性の情けによって、あなたはなびいたのでしょう)

〔141番〕
今にも消えてしまいそうな焚く藻の煙の末は、浦風になびきもしないで、空に漂っておりますのに。
(心細い私は、誰にも従いもしないで、身を寄せる人もないのに、なびいたなどと言うなんてひどい)

■うらやまし「浦」と「羨まし」 の掛詞。
■焚く藻のけぶり 藻塩草を焚く煙。煙が風になびくのは、女性が他の男性になびくことのたとえに使われる。

・・・ここで、資盛のことを持ち出すか、隆信さん。

右京大夫、焦ったか。この返歌はきわどい。

資盛との仲は公にできなかったからかもしれませんが、右京大夫の返歌は、かえって隆信に期待をもたせる内容になってしまっていますね。

それにしても隆信は、資盛との仲を知ったうえで、口説いているのですから、なかなかの曲者です。自信があったのでしょうか・・・。







大人の余裕?!隆信と資盛、その差二十歳!!


藤原隆信は、1141年生まれ
右京大夫は、推定1152〜1157年生まれ
平資盛は、1161年生まれ(異説あり)

ということは、 隆信は、右京大夫より10歳以上年上です。
(この時、既に三十代半ばですね)
 隆信と資盛とは20歳も違うのですから、なんというかもう別次元ですね。

若い資盛は、初めこそ熱心に言い寄ってきましたが、その後はこまめに気を使ったりはしてくれません。 恋人ゆえの気安さからか、些細なことで口論になったこともあったようですから〔200番詞書〕、逐一優しくしてくれるタイプではないですね、たぶん。
(妄想ですけどね)

 一方、隆信は、大人の余裕を醸し、嬉しくなるような言葉を畳み掛けるように言い寄ってきます。右京大夫がいつのまにか絆されていったとしても・・・

しょうがない気がしますね。


どうなる、右京大夫!次回につづきます。


▼シェア


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村



※参考文献/「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏/「建礼門院右京大夫集全注釈」(講談社)糸賀きみ江氏/「平家物語」新日本古典文学大系(岩波書店)梶原正昭氏・山下宏明氏

【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所