後鳥羽天皇に仕える【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】

右京大夫、宮中に再出仕します!

あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<323歌詞書>より
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。

◆解説目次◆ ・登場人物
・後鳥羽天皇
・キャリアウーマン・右京大夫 

登場人物

右京大夫(うきょうのだいぶ)
平徳子(建礼門院)に仕えていた女房。

後鳥羽天皇(ごとばてんのう)
第八十二代天皇。高倉院の第四皇子。安徳天皇の異母弟。

後鳥羽天皇

後鳥羽天皇は、第82代天皇。高倉上皇の第四皇子です。

寿永二年(1183)、平家が安徳天皇と三種の神器を持って行ってしまったので、神器のないまま、四歳で即位しました。

後鳥羽天皇の即位は、安徳天皇を擁する平家にとっては相当ショックな出来事でした。

平家物語には、
「やすからぬ。三の宮をも四の宮をもとり参らせて、落ちくだるべかりしものを」
と悔しがる描写があります。(巻八「名虎」)

それから約二年間、西国の安徳天皇と京の後鳥羽天皇、二人の天皇が存在していたことになります。
この間、平家は寿永の年号を使いつづけ、一方、京では元暦の元号を使用しました。

ちなみに、このブログでは、壇ノ浦までは寿永を使わせていただいています。
(だって平家びいきだもん・・・)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ところで、後鳥羽天皇(後に上皇)といえば・・・

「新古今和歌集」の編纂事業等に見られる和歌への情熱もさることながら、琵琶の腕前も名人級で、蹴鞠も達人並み、武芸にも秀で、さらには自ら太刀まで作ってしまうという、もう何だか凄すぎるオールラウンダー。

父・高倉院とは、少しイメージが違うのですが、右京大夫によれば、お顔はとても似ていらっしゃったとのこと。
この頃、後鳥羽天皇はまだ十代で、ちょうど右京大夫が宮仕えしていた頃の高倉天皇と同じ年頃だったので、なおさら面影が重なって見えたことでしょう。




キャリアウーマン・右京大夫

再出仕の時期は具体的にはわかりませんが、後鳥羽天皇の在位が1183~1198年なので、その後半だとすると、右京大夫が30代後半~40歳頃の話になります。

後鳥羽天皇は19歳で為仁親王に譲位し(土御門天皇)、院政を開始します。
右京大夫はそのまま院にも仕えたようで、後鳥羽上皇が藤原俊成に贈る法服に刺繍をしたという記事があります。(358歌詞書)
これが建仁三年(1203)のことなので、このとき右京大夫は50歳前後。

さらに建暦二年(1212)、父・実宗の喪に服す藤原公経に対して贈った歌があり(333歌)、この時まだ出仕していたならば、60歳前後。

また、「明月記」建永元年(1206)7月12日の記事に、歌人の中の一人として「七条院右京大夫」なる人物が記されていて、これが右京大夫その人ではないかという指摘があります。(新編全集解説)
そうだとすると、右京大夫は、七条院(後鳥羽天皇の母・藤原殖子)にも一時期仕えていたことになります。

うーーーん、すごい。
どれだけ仕事するんだ。

また、「建礼門院右京大夫」が藤原定家に提出されるのは、「新勅撰和歌集」の編纂作業が行われていた頃なので(貞永元年・1232以降)、
このとき右京大夫は、なんと80歳前後です。
( ゚Д゚)

・・・・・・。

感慨がすごい・・・・・。


もしも、寿永四年の時点で、右京大夫が資盛の後を追っていたとしたら・・・
右京大夫集はこの世に存在しなかったことになります。

もしも、悲しみのあまり、引き籠って世俗との関係を断っていたら・・・
仮に右京大夫集を一人で書いていたとしても、陽の目を見なかったことになります。


凄まじい体験をしたことや、それを緊張感溢れる名文に書き起こした文才もさることながら、右京大夫の本当にすごいところは、実社会で地に足をつけて働ききったところだと思います。

そうした彼女の生き方は、失っても悲しくても、それでも地道に生きていくことの意味を教えてくれています。

恋人・資盛はわずか25歳で海に散ってしまいましたが、彼女が書き記した右京大夫集の中の資盛は、800年以上経った今でも、美しく気高く生き続けているのです。

(※資盛の享年は、平家物語では28歳)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



▼シェアボタン
 

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村





※参考文献「平家物語」新日本古典文学大系(岩波書店)/「平家物語必携」(學燈社)/「平家物語図典」(小学館)/「平家の群像」(岩波新書)高橋昌明氏/平家後抄(朝日新聞社)角田文衛氏/「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏


【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所