平資盛、最後の願い!【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】|平家物語

平家都落ちの計画を知った右京大夫。動揺する右京大夫に、資盛が願ったこととは?

あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<205番詞書>より
平家物語建礼門院右京大夫集漫画平資盛
平家物語建礼門院右京大夫集漫画平資盛
平家物語建礼門院右京大夫集漫画平資盛
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。
◆解説目次◆ ・登場人物
・資盛の都落ちと後白河院
・資盛は帰降するつもりだったのか? 

登場人物

平資盛(たいらのすけもり)
清盛の長男[重盛]の次男。右京大夫の恋人。

右京大夫(うきょうのだいぶ)
中宮・徳子に仕える女房。現在は退職。

資盛の都落ちと、後白河院

右京大夫に語った内容を見る限り、資盛は都落ち後の平家の末路を予見していたように思えます。

けれども、実はこの時点では、資盛にはまだ後白河院という希望がありました。
資盛は、当時、後白河院の近習としても重用されていました。(『愚管抄』には「院ノオボエシテサカリニ候へ」と記されています。)

現に、都落ちの4日前、7月21日には資盛は、後白河院の宣旨で近江へ出陣しています。

各方面の防衛にあたっていた平家一門は、7月23~24日頃にかけて、一旦都に引き揚げます。もちろん、都落ちに備えてです。

ところが、都落ち決行の25日の朝、後白河院は、既に鞍馬へ脱出していました。(その後比叡山へ)
ここに至って院はついに平家を見限ったのです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

後白河院の逐電を知った資盛は、相当ショックだったであろうことが想像できます。

資盛は、大叔父にあたる平頼盛とともに、法住寺殿に駆けつけ、既に脱出済みの後白河院に連絡を取ることを試みます。(平頼盛は、資盛の正妻の祖父でもあるので、ここで行動をともにしたのは、その縁かもしれません。)

結果、どうなったか。

頼盛は、後白河院の取り計らいで八条院に身を寄せ、後には源頼朝の元に帰降し、鎌倉時代を生き延びます
(平頼盛の母親・池禅尼は、かつて平治の乱の折に源頼朝の助命を嘆願した人物です。その為、命の恩人の息子である平頼盛を、源頼朝は疎かにはしませんでした)

一方、資盛には、取り次ぐ人もなく、院から返事すらもらえなかったといいます。 やむを得ず資盛は、西国へ向かう平家一行に合流し、その後は滅びゆく平家と命運を共にします。

 以上の話は『愚管抄』に見えるのですが、 『平家物語』では、全く別の描かれ方をしています。

資盛が平家一行に遅れた理由は、「兄・維盛が、妻子との別れを惜しんでなかなか出立しないのを、迎えに行ったから」です。 さすがにそれは創作ドラマだろう、と片付けるには、ちょっと引っかかる。
やはり当初、一門とは別行動をとっていたのだということは共通しているからです。
やっぱり、遅れて都落ちに合流したのは事実なんでしょうね。






資盛は、帰降するつもりだったのか?

吉田経房の日記『吉記』には、この頃、「小松家の公達が院の元に帰降する」という噂があったことを書き留めています。

●小松家が、平家主流から疎外されていたこと
●重盛以来、小松家は後白河院との繋がりが深かったこと。
(特に資盛は、後白河院からとりわけ重用されていた)

などから、資盛が、平家一門と袂をわかち、後白河院の庇護下に入る可能性も、無くはなかったのです。

でも、『右京大夫集』の資盛は、そんなことは一切語っていませんね。
彼の言葉には、滅亡への諦念しかありません。

資盛の心中は、実際どうだったのでしょう。

ここから先は想像することしかできませんが、 彼が右京大夫に語った覚悟は本当だと思います。
ですが、それとは別に、寵愛を受けていた後白河院に突如見捨てられたことは、やはりショックだったのでしょう。取り次いで貰える可能性は低いとわかりながら、院の真意を伺いたく、法住寺殿に向かったのかもしれません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

なお、平家唯一の裏切り者となってしまった平頼盛について弁護しておくと、彼も一門主流からは疎外されていた身でした。 都落ちの時も、宗盛から事前の連絡が来ていなかったといいます。
それに、母の池禅尼が、平治の乱の折に頼朝の命を助けたばっかりに、今、平家はこんな憂き目に遭っているわけですからね。 都落ちに同行しても、肩身が狭く辛いだけだったかもしれません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
いよいよ、資盛と右京大夫、今生の別れの時。
次回に続きます。



▼シェアボタン


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村





※参考文献/「平家の群像」高橋昌明氏(岩波新書)/「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏

【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所