平家ついに都を落ちる!?資盛の決意【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】|平家物語

木曽義仲の進軍と、激しくなる畿内の反乱。平家はついに都落ちを決意します。どうなる、資盛と右京大夫!


あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<205番詞書>より
平家物語建礼門院右京大夫集漫画現代語訳平資盛
平家物語建礼門院右京大夫集漫画現代語訳
平家物語建礼門院右京大夫集漫画現代語訳
平家物語建礼門院右京大夫集漫画現代語訳
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。

◆解説目次◆ ・登場人物
・平家の都落ちと、宗盛の誤算
・京都を戦火から護った? 

登場人物

平資盛(たいらのすけもり)
清盛の長男[重盛]の次男。右京大夫の恋人。

右京大夫(うきょうのだいぶ)
中宮・徳子に仕える女房。現在は退職。

平家の都落ちと、宗盛の誤算

寿永二年(1183)7月25日、木曽義仲の進軍を前に、平家は京都を棄て、西国へ落ちていきます。

当時、平家内部でも、あくまで京都で義仲を迎え討つべきだという「京都決戦派」と、「都落ち派」で意見が分かれたようですが、
結局は宗盛重衡が中心となり、都落ちが決行されます。

脅威は義仲だけではありません。丹波には矢田義清、伊賀に源行家、大和に源信親、摂津・河内には多田行綱の軍が現れます。兵力を分散して四方の護りに当たるには限界がありました。
西国には平家の味方も多く、この時点では、都落ちは妥当な選択だったという見方が有力です。
 (実際、一度は大宰府にまで落ちた平家ですが、その後盛り返し、福原にまで戻ってきます。一時は、平家が京都を再び奪還する噂さえあったようです。)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

また、都落ちといっても、平家には権力を放棄する意思はありませんでした。
当初の計画では、都落ちには、安徳天皇だけでなく、後白河院摂政藤原基通を伴う予定だったのです。
これが成功していれば、権力の中枢ごと移動する事ができ、平家は十分に官軍を名乗れる立場でした

ところが、都落ち当日になって、後白河院には逐電され藤原基通には途中で逃げられるという、平家にとって最悪の事態が起こります。

後白河院は、反乱の平定という目的のため、平家と協調する立場をとってはいましたが、 かつて清盛に幽閉された過去もあり、平家に付き合って西国に同道する気までは更々なかったのでしょう。
 後白河院は、24日の夜、法住寺殿をこっそり抜け出し、鞍馬へ逃げ込みます

一方、摂政藤原基通は、一旦は平家一行と共に西国に向かうフリをしますが、途中で引き返し都に戻ってしまいます。藤原基通は、清盛の娘婿であり、平家のバックアップを大いに受けていた人物でしたが、やはり、西国で命運を共にするまでの義理は感じていなかったようです。
摂政・藤原基通については、こちらの記事を参照ください。

「玉葉」(九条兼実の日記)によれば、基通と後白河院は内通しており、事前に都落ちの情報を共有していたようです。逃げる算段ができていたんですね。

西国行きにこの二人を取り込む事ができなかったことは、平家にとって致命的な誤算となりました。

こうして、平家の正統性を示すものは、幼い安徳天皇と、都落ちの際に持ち出した三種の神器だけとなってしまいました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

鞍馬から比叡山を経て、のちに京に戻った後白河院は、神器のないまま、安徳天皇の異母弟にあたる後鳥羽天皇を即位させます。こうして、平家の正統性は完全に失われてしまうのです。





京都を戦火から護った?

都落ちを境に、平家は昨日まで官軍として反乱軍を追討していた身でありながら、一転、賊軍として追われる立場に成り下がってしまいました。

 もし、このとき平家が、都落ちではなく京都決戦を選んでいたらどうなっていたのだろう・・・と、ふと思います。
例え京都で平家の命運が尽きることになったとしても、賊軍の汚名は着せられずに済んだかもしれません。

けれども、京都決戦となれば、応仁の乱さながらに、都が灰燼と化していた可能性があります。

実際には平家は、自邸の六波羅邸西八条邸にだけ火をかけて、自ら都を去ったのですから、結果的には、都を護って身を引いたような形になりました。
平家平氏系図 イラスト漫画付き 平家物語

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
都落ちを目前に、右京大夫に語った資盛の覚悟とは?
次回に続きます。



▼シェアボタン
 

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村





※参考文献/「平家の群像」高橋昌明氏(岩波新書)/「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏

【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所