忘れていたのはどっち?平資盛の挑発【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】|平家物語

気になる男性・平資盛から突然のプレゼント。そこに込められた意外なメッセージとは?
あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<77番詞書>より
古文の平家物語と建礼門院右京大夫集の右京大夫が平資盛に手紙をもらった、えこぶんこの漫画イラストです
古文の平家物語と建礼門院右京大夫集の平資盛が右京大夫に貝をあげた、えこぶんこの漫画イラストです
古文の平家物語と建礼門院右京大夫集の浦見てもかひしなければ住の江の生ふてふ草を尋ねてぞ見るという平資盛の和歌の、えこぶんこの漫画イラストです
古文の平家物語と建礼門院右京大夫集の漫画イラストです。住の江の草をば人の心にて我ぞかひなき身を恨みぬるという右京大夫の和歌です
建礼門院右京大夫集77番
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。

◆解説目次◆ ・登場人物
・忘れたい?忘れてほしくない?忘れ草バトル
・住吉も、住の江も「ええ」なー。

登場人物

平資盛(たいらの すけもり)
平清盛の長男(重盛)の次男。

右京大夫(うきょうのだいぶ)
中宮・徳子に仕える女房。

忘れたい?忘れてほしくない?忘れ草バトル(平資盛v.s右京大夫)


資盛が詠んだ歌。
〔77番〕
浦見ても かひしなければ 住の江に 生ふてふ草を 尋ねてぞみる

●現代語訳●
住之江の浦を見ても貝がないものですから、住の江に生えているという忘れ草を探してみました。
(=あなたのつれなさを恨んでみてもしかたないので、恋を忘れようと忘れ草を探してみました)

なかなか凝った技巧のオンパレードです。
■浦見てもかひしなければ
 「を探して見ても、が見つからなかったので」 と 「あなたをんでも、甲斐がないので」 の掛詞。

■住の江は、歌枕。

■草は、ここでは「忘れ草」(萱草)のこと。人を忘れる、という意味。
 忘れ草は、「恋忘れ草」とも言われ、恨み節に鉄板のアイテムです。

古今和歌集「道知らば 摘みにもゆかむ 住の江の 岸におふてふ 恋忘れ草」(紀貫之) の本歌取りです。

 資盛は、これを言うためにわざわざ貝と忘れ草(実物)を持参したのですから、なかなか手の込んだ演出ですよね。


それに対する右京大夫の返歌はこちら。

〔78番〕
住の江の 草をば人の 心にて 我ぞかひなき 身を恨みぬる

●現代語訳●
住の江の恋忘れ草というのは、あなたのお心のほうでしょう。あなたが私のことを忘れてしまったので、 私の方こそ、思っても甲斐がない我が身を恨んでおりました。


和歌が恨み節になるのは平安貴族の常套手段ですから、資盛は恨み言に寄せて恋しい気持ちを伝えたかったのだと思います。

それに対し、「我ぞかひなき」(私の方こそ)と言ってしまった右京大夫の返歌は、資盛の駆け引きに乗せられた感がありますね。





住吉も、住の江も「ええ」なー。平重盛の住吉詣

資盛のお父さん、重盛が住吉に何しに行ったのかというと、住吉大社への参詣でした。

住吉大社は、大阪市南部にある、古代から続く神社です。
現在の住吉大社は海までそこそこ距離がありますが、当時は海岸線がもっと東側に迫っていて、すぐ目の前に海があったらしいです。

貝を拾うとか余裕でできたわけですね。

当時は白砂青松の美しい海岸線が続いていたそうで、「住の江」は、万葉集の頃から詠まれる代表的な歌枕です。

百人一首の
 住の江の 岸による波 よるさへや 夢の通ひ路  人目よくらむ(藤原敏行朝臣)
が有名ですね。
古文の平家物語と建礼門院右京大夫集の住吉大社で平重盛と平資盛が参詣した、えこぶんこの漫画イラストです



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ところで、右京大夫は、地の文では住吉(すみよし)と書いていて、和歌では住の江(すみのえ)と詠んでいますが、これは同じ場所のことを指します。

 住吉のは、古語で「」と発音したので、 古代には住吉と書いて「すみのえ」と読んだらしい。 それで、住の江とも書くようになったそうです。

住吉と住の江は、もともと同じ場所を指す地名だったんですね。
 (でも、現在の大阪市の住吉区と住之江区は、それぞれ別の地域です。)

ちなみに、大阪弁の「ええなー、それ」の「ええ」は、古語の吉(え)から来ているそうですよ。
参考:「大阪名所むかし案内(絵とき摂津名所図絵)」(創元社)本渡章氏 
 



▼シェアボタン
 




※参考文献/「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏/「建礼門院右京大夫集全注釈」(講談社)糸賀きみ江氏/「平家物語」新日本古典文学大系(岩波書店)梶原正昭氏・山下宏明氏

【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所