投稿

2月, 2020の投稿を表示しています

屋島の資盛へ手紙を!【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】

イメージ
「どこの浦からも手紙を出したりはしない。」そう誓って都を落ちていった資盛。右京大夫は自分から手紙を書くべきか、逡巡します。
あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<217歌詞書>より
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。
◆解説目次◆・登場人物
・資盛からの二つの手紙
・遺された資盛
登場人物 右京大夫(うきょうのだいぶ)
平徳子(建礼門院)に仕えていた女房。現在は退職。

平資盛(たいらのすけもり)
清盛の長男[重盛]の次男。右京大夫の恋人。

資盛からの二つの手紙
未練は持ちたくないという資盛の覚悟も尊重したいし、それでもやっぱり心配している気持ちを伝えたい・・・。何度も迷った末に、筆をとる右京大夫。
資盛への深い愛を感じますね。

資盛からは、たった一度だけ、寿永二年の冬に「今は身を変へたると思ふを、誰もさ思ひて、後の世をとへ」(今はもうこの身は生きていないものと思っているので、そう思って後世を弔ってください)という簡単な便りがきたことはあったようです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ところで資盛は、この冬に、右京大夫以外の人物にも手紙を出していたことがわかっています。平知康(院の側近)宛て、つまり後白河院に対して次のような手紙を書いていたのです。

君に別れ奉り悲歎限り無し、今一度華洛に帰り、再び竜顔を拝さんと欲す
(『玉葉』寿永2年11月12日条)

なんと、帰洛を願う手紙なんですね。
残念ながらこの願いは叶えられることはありませんでした。

前述のように資盛は、院近臣さながらに後白河院の側近くに仕えていました。都落ちの際には、法住寺殿に向かうも取り次いでもらえず、やむなく平家一行に合流したといいます。(愚管抄)

都落ち後の資盛の心中には、後白河院に対して、「あんなに忠義を尽くしたのに、なぜ・・・?」という気持ちがずっとあったことでしょう。

さすがに、この手紙一枚を送ったからといって、後白河院が帰洛を許すはずがないということは、資盛もわかっていた気がします。

資盛としては、「朝敵とされた今でも後白河院への忠義の気持ちは変わっていない」という自分の真意をただ伝えたかったのかもしれませんね。

遺された資盛 小松家の兄弟のうち、弟・清経は入水。師盛は一の谷で討たれ、ついに兄・維盛までも入水してしまいました。

平家物語には、後に遺された資盛の悲しみが描かれています。
●原文…

維盛の入水!【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】

イメージ
恋人資盛の兄でもあり、かつて宮中で中宮権亮として右京大夫の側にいた美貌の公達・平維盛。彼は、屋島の平家陣を抜け出し、那智の沖で入水しました。
あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<215番詞書>より
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。
◆解説目次◆・登場人物
・とにかく美しかった維盛
・維盛生存伝説!
登場人物 右京大夫(うきょうのだいぶ)
平徳子(建礼門院)に仕えていた女房。現在は退職。

平維盛(たいらのこれもり)
清盛の長男[重盛]の長男。右京大夫の恋人資盛の兄。

とにかく美しかった維盛 右京大夫が「いづれも、今の世を見聞くにも、げにすぐれたりしなど思い出らるる(平家のどの方も、今の世の人々を見聞きするにつけても、とても優れていたと思い出される)」と言うように、平家の公達には美しく風雅で優れた人物がたくさんいます。

その中でもとりわけ、類まれな美貌で人々を魅了した平維盛は、やはり別格の存在だったようです。
215番詞書には、どれほど維盛が美しかったのか綴られています。

●原文●
際ことにありがたかりし容貌用意、まことに昔今見る中に、例もなかりしぞかし。されば、折々には、めでぬ人やはありし。法住寺殿の御賀に、青海波舞ひての折などは、「光源氏の例も思ひ出でらるる」などこそ、人々言ひしか。「花のにほひもげにけおされぬべく」など、聞こえぞかし。

●現代語訳●
際立って類まれな容姿と心遣いは、昔今見る中に例もありません。ですから、折々に賞賛しない人はいませんでした。法住寺殿で行われた後白河院の五十の御賀で、青海波を舞ったときなどは、「光源氏の例も思い出される」などと、人々は言ったことです。「まったく花の美しい色つやも圧倒されてしまいそうだ」という噂でした。※原文は新編全集(小学館)より
・・・絶賛ですね。
維盛の美貌を称えているのは右京大夫だけではなく、あの九条兼実も『玉葉』に「衆人の中、容顔第一」と記しているほどです。

維盛の美貌は、ガチの史実と言っていいでしょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
かつて中宮権亮だった維盛は、職場で側近くにいた存在でもあり、また恋人資盛の兄でもあります。右京大夫にとっては、資盛の次に縁の深い平家の公達です。

それだけではなく、右京大夫には、維盛への憧れのような気持ちも多少はあったようです。(7番詞書)
維盛から「私のことも資盛と同じ…

重衡の生け捕り!【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】

イメージ
都落ち後の平家を支え続けた平重衡は、一の谷の戦いで生け捕りにされました。かつて、中宮亮として徳子の側近くに勤めていた重衡は、女房時代の右京大夫の最も近くにいた公達でした。

あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<213番詞書>より

漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。
◆解説目次◆・登場人物
・誰からも愛された重衡
・捕虜になったのは、平家を救うため?
登場人物 右京大夫(うきょうのだいぶ)
平徳子(建礼門院)に仕えていた女房。現在は退職。

誰からも愛された重衡 重衡は、徳子の同母弟であり、かつては中宮亮として側近くに勤めていたため、右京大夫とは慣れ親しんだ仲でもあります。
右京大夫は、重衡のことをこう評しています。

●原文●
をかしきことを言ひ、またはかなきことにも、人のためは、便宜に心しらひありなどして、ありがたかりしを、
●現代語訳●
この方は冗談事をも言い、またちょっとしたことでも、他人のために好都合であるように心遣いなどして、めったにないよい人であったのに、
明るく社交的で、性格もよかったようですね。捕虜となって、東国に送られた後も、その毅然とした振舞いに魅了された人が多数いたと伝わっています。

一方で重衡は、武人としては、南都焼討という相当悪評高い所業を実行した人物でもあります。それにも関わらず、彼を批判する論調がほとんど見当たらないのは、やはり彼自身の愛すべき人柄のおかげなのかもしれませんね。


みすみす捕虜になったのは、平家を救うため?
平家物語では重衡は、乳母子に裏切られ、自害しようとしたところを生け捕られてしまったことになっています。(巻九「重衡生捕」)

ところで、重衡は、生け捕られたのではなく、自ら投降したのではないかという説があります。

重衡は捕虜になった後、屋島の平家陣に「自らの命と三種の神器を交換するよう」嘆願する手紙を出すのですが、

この手紙、平家物語では、後白河院の意向で不本意ながら書かされたことになっているのですが、『玉葉』(寿永三年二月十日条)によると、重衡は自ら発案して書いているのです。

 ・・・ん?
 この期に及んで命乞い?
 重衡そんなことする?

という疑問が出るわけです。

「武勇に堪ふるの器量」と評され、水島合戦・室山合戦で連勝し、京奪還叶うかと言われるまでに平家軍を立て直してきた重衡です。
そんな彼が、自分の命惜しさに…

一ノ谷の合戦【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】

イメージ
寿永三年二月七日。ついに、一ノ谷、生田の森で源氏軍と平家軍が衝突。多数の平家の公達が討たれ、その首は都で晒されました。
あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<212番詞書>より
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。
◆解説目次◆・登場人物
・一ノ谷の戦いと首渡し
・実は謀略?後白河院からの和平の使い
登場人物 右京大夫(うきょうのだいぶ)
平徳子(建礼門院)に仕えていた女房。現在は退職。

一ノ谷の戦いと首渡し ついに、一ノ谷の合戦です。狙ったわけではありませんが、明日は2月7日ですね。(旧暦ですけどね)

一時は京を奪還するかとさえ目されていた平家軍でしたが、一ノ谷の合戦で壊滅的な敗北を喫し、多くの公達を失います。

『平家物語』巻九「落足」では、討たれたのは、通盛、業盛、忠度、知章、師盛、清貞、清房、経正、経俊、敦盛となっています。(諸説あり)

経正忠度は、生前、右京大夫との交流が描かれていました。身近に慣れ親しんだ公達の無惨な最期を聞いた右京大夫の心中は、悲愴なものだったでしょう。

しかも彼らの首は、大路を渡され、獄門にかけられました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今は朝敵になったとはいえ、直前まで朝廷に仕えていた人たちです。
「平家は帝の外戚であり、あるいは公卿となり、近臣となった。首を大路に引き渡すのは不義ではないか」とする反対意見もありました。(「玉葉」)

しかし、義経範頼は、「義仲の首が渡されたのに、なぜ平家の首が渡されないのか」と抗議したようです。
平家物語では、「平家は、保元の乱では祖父為義の仇、平治の乱では父義朝の敵。父祖の恥をすすぐために、朝敵を滅ぼしたのに、首を渡さなければ、今後討伐する励みがない」と語っています。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
この首の中に、資盛の異母弟である備中守師盛もいました。

資盛たち小松家の兄弟は、三草山に布陣していたのですが、2月5日、義経による夜襲を受け敗北。資盛、有盛、忠房は船で屋島へ逃れたのですが、兄弟のうち師盛は、福原へ戻り、その後一ノ谷の合戦となりました。(なお、維盛は参加していません)

一ノ谷の合戦で有名なのは敦盛ですが、語り本の「敦盛の最期」には、読み本の師盛の最期の一部が取り込まれていることが指摘されています。
兄弟から離れて、若くして討たれてしまった師盛の悲劇には、胸が痛みます。






実は謀略…

【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所