投稿

4月, 2020の投稿を表示しています

北山の思い出【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】|資盛の箏

イメージ
時は過ぎ、資盛との思い出の場所を訪れる右京大夫。庭の様子はすっかり様変わりしてしまっていましたが・・・。


あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<234歌詞書>より

漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。
◆解説目次◆・登場人物
・花もその世のことな忘れそ
・資盛のもう一つの顔、箏の奏者
登場人物 右京大夫(うきょうのだいぶ)
平徳子(建礼門院)に仕えていた女房。現在は退職。

平資盛(たいらのすけもり)
清盛の長男[重盛]の次男。右京大夫の恋人。

花もその世のことな忘れそ かつて資盛の所有地だった場所を訪れた右京大夫。
荒廃した庭と、それでも変わらず咲き続ける桜と。景色とともに、右京大夫の心情が語られる抒情的な章段です。

236 植ゑて見し 人はかれぬる あとになほ 残る梢を 見るも露けし

●現代語訳●
植えた人(資盛)はいなくなってしまったのに、依然として残っている木々の梢を見るにつけても涙に誘われる
237 わが身もし 春まであらば尋ね見む 花もその世の ことな忘れそ

●現代語訳●
わたしがもし、来年の春まで生きていたならば、また訪ねて来て見よう。花も、昔あの人と過ごしたときのことを忘れないでいて
人の営みは変わっていくけれど、樹木は変わらず、毎年そこで花を咲かせる・・・
この感慨は、いつの時代も同じですね。

有名な菅原道真の「東風吹かば にほひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ(春を忘るな)」にも通じます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ところで、資盛のこの庭には、
「柳桜の同じ丈なるを交ぜて、あまた植ゑ並べ」
(柳と桜の同じ高さのものを交ぜて、たくさん並べて植えてあった)そうです。

緑とピンクのコンビネーション。なんともオシャレな庭ですね。

「見渡せば 柳桜をこきまぜて 都ぞ春の 錦なりける」(素性法師・古今集)という和歌もあるように、柳と桜を同時に愛でる、ということはメジャーだったのかもしれません。

以前の梅を愛でていたエピソード(211歌詞書)といい、資盛はとても風流な人だったことが伺えます。


資盛のもう一つの顔、箏の名人
右京大夫集には描かれていないのですが、資盛と右京大夫の共通点として、「箏」の奏者であったことが挙げられます。

前述のように、右京大夫の母は、箏の名手・夕霧。右京大夫自身も、箏を得意としていました。
一方資盛は、藤原師長に師事しており、朝…

【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所