大宰府を追われた平家と、平清経の入水【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】|平家物語

都を落ちた平家は、福原の旧都も棄て、九州へ。

あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<206番詞書>より
大宰府を追われた平家と清経の入水
大宰府を追われた平家と清経の入水
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。
◆解説目次◆ ・登場人物
・福原→大宰府→そして屋島へ
・平清経の入水 

登場人物

尊円(そんえん)
右京大夫の異父兄。父は藤原俊成。
現在、右京大夫が身を寄せている。

右京大夫(うきょうのだいぶ)
平徳子(建礼門院)に仕えていた女房。現在は退職。平資盛の恋人。

福原→大宰府→そして屋島へ

寿永二年(1183)7月、都を落ちた平家のその後の動向のお話です。

大宰府は、平家の日宋貿易の拠点。太宰大監の原田種直は、清盛の代から平家と主従関係にあり、平家の九州支配を担ってきた人物でした。

平家は大宰府を拠点として勢力を回復させるつもりでした。

ところが、豊後国の国司・藤原頼輔が、後白河院の院宣に従い平家を追討することを決めてしまいます。このとき、平家追討を命じられたのは豊後国の有力武士、緒方惟義でした。

緒方惟義は、小松家の御家人だったので、資盛が説得に向かいますが受け入れられず、結局平家は大宰府からも撤退せざるを得ませんでした。

大宰府を落ちた平家は、豊前国柳ヶ浦に拠点を置こうとしますが、ここも追い出され、讃岐屋島へ移りました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

『平家物語』では、緒方惟義を説得する役目に資盛が抜擢された理由として、惟義が重盛の家人であったことをあげています。
ですが、都落ちあたりの資盛の動向を踏まえると、資盛はいまだ後白河院の元への帰降を諦めておらず、院の宣旨を承った惟義と(和平の)折衝に臨んでいたのではないか、という説もあります。

結局この会談は決裂し、平家は九州から去らねばならなくなるのですが、もしも資盛がいまだ帰降を望んでいたのだとすれば、主戦派である平家主流と、小松家の間には軋轢があったのではないかとも想像できます。

こうした中で、弟・清経の入水という悲劇が起こります。




平清経の入水

柳ヶ浦を追われたとき、早くも前途を悲観し、自ら入水した公達がいます。

資盛のすぐ下の弟、平清経(たいらのきよつね)です。

『平家物語』によれば、清経は、
「都をば源氏がためにせめおとされ、鎮西をば維義がために追ひ出さる。網にかかれる魚のごとし。いづくへゆかばのがるべきかは。ながらへはつべき身にもあらず」

【訳】
都を源氏の為に攻め落とされ、九州を維義の為に追い出され、まるで網にかかった魚のようだ。どこへ行っても逃れることはできない。生き長らえる身とは思えない。」


『平家物語』巻八 「大宰府落」
と言って、

月の夜に柳ヶ浦の海上で、船から身を投げたといいます。

『平家物語』は清経を「何事も思ひいれたる人なれば(なんでも思いつめる人だったので)と評していますが、
後の一ノ谷、壇ノ浦における平家の公達の悲劇を思うと、清経の見通しは間違っていなかったといえますね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

また、前述のように、西海を漂う平家一門が一枚岩だったわけではなく、清経らの小松家と宗盛たちの平家主流の間には温度差があったことが伺えます。

兄・資盛が緒方惟義との折衝に失敗した時点で、清経にはもう、平家一門とともに戦いつづけるつもりがなかった(かといって他に選択肢がない)という状況で、入水を選ばざるを得なかったのかもしれません。

また、大宰府を落ちる際に、兄・資盛の腹心として小松家の軍事を支えてきた平貞能が、平家一行から離脱し、後に出家しています。(『玉葉』)
兄・維盛の腹心の家人である藤原忠清も、都落ちの時点で離脱しており、この時点で小松家は、彼らを支えてきた有力郎等たちを失っていたことになります。

西海の平家における小松家の立場は、とても厳しいものだったことが想像できますね。


このとき、清経はまだ21歳でした。

清経の哀れな最期は、やはり人々の同情を誘ったのでしょう。
「清経」は能の演目にもなっています。


平清経の入水、大宰府を追われた平家。平家花揃。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

小松家が立場を失っていく中で、弟の入水は、資盛には相当ショックなできごとだったと思われます。
後に、兄の維盛までもが熊野で入水してしまったとき、

資盛は右京大夫への手紙で、
「あることが あるにもあらぬ うちになほ かく憂きことを 見るぞかなしき」

生きてることが生きていることにもならないこの世で、さらにこのような辛い目にあうのは悲しいことだ
『建礼門院右京大夫集』(222歌) 『玉葉和歌集』(雑四・2344歌)

と悲痛な心情を詠んでいます。


・・・・・え?
「手紙は出さない」んじゃなかったのかって?


これは、どうしても我慢できなくなった右京大夫の方から手紙を送った、その返事です。
これが資盛からの最期の便りとなりました。

(この話も後日漫画にしますので、お楽しみに)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
平家追討の院宣を受けた源氏の軍が西へ向います。
次回、208番詞書は、有名な「風のおびただしく吹く所に」です。



▼シェア


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村





※『平家物語』新日本古典文学大系、岩波書店/『平家物語必携』學燈社/『平家物語図典』小学館/『建礼門院右京大夫集・とはずがたり』新編日本古典文学全集、小学館/上横手雅敬氏「小松の公達について」『和歌山地方史の研究』
【おすすめ記事】

維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水 平家花揃えが面白い 人物ランキング
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

<エピローグ>
■読み継がれる右京大夫集

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所