壇ノ浦の戦い!【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】

寿永四年3月24日。長門国壇ノ浦にて、ついに平家は最期の時を迎えます。
あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<223歌詞書>より
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。

◆解説目次◆ ・登場人物
・壇ノ浦の戦い
・かかる夢見ぬ人やいひけむ

登場人物

右京大夫(うきょうのだいぶ)
平徳子(建礼門院)に仕えていた女房。現在は退職。

平資盛(たいらのすけもり)
清盛の長男[重盛]の次男。右京大夫の恋人。

壇ノ浦の戦い

寿永四年3月24日、正午ごろ、壇ノ浦の戦いが始まりました。

戦力は、
『平家物語』によれば、義経軍3000余艘平家軍1000余艘
『吾妻鏡』によれば、義経軍840余艘平家軍500余艘
実際には、『吾妻鏡』の記述よりもっと少なかったのではないかとも考えられています。


初めは平家方が押していましたが、四国の水軍を率いる阿波成良が寝返ったのをはじめ、四国・九州の在地武士が平家を次々と裏切り、鎌倉方に味方したことで、戦局は決定的になりました。

午後四時には、平家の敗北が決定。

『平家物語』では、教盛知盛教経経盛は入水。
資盛は、弟の有盛と従兄弟の行盛とともに手を取り合って入水したとされています。

宗盛清宗親子、時忠は生け捕られ、
建礼門院徳子と高倉天皇第二皇子守貞親王は保護されましたが、安徳天皇は、時子に抱えられて入水。

朝廷が取り戻そうとしていた三種の神器のうち、神鏡と神璽は回収されましたが、宝剣は海底から見つかることはありませんでした。


かかる夢見ぬ 人やいひけむ

資盛を失った右京大夫の嘆きや苦しみは、223歌によく表されています。

なべて世の はかなきことを かなしとは かかる夢見ぬ 人やいひけむ

●現代語訳●

世の中の「悲しい」という言葉は、このような悪夢のような経験をしたことがない人が言った言葉なんだろうか。(とてもそんな言葉で言い表せるようなものではない)

とても想像できない辛さですね。

資盛の生年には諸説あるのですが、
応保元年(1161)だとすれば、このとき彼はまだ数え年で25歳。※職事補任
保元三年(1158)だとしても、まだ28歳です。※平家物語


右京大夫集には、平和な日常の中で冗談を言っては笑い合う、等身大の平家の人々の姿が描かれてきました。

軍記物である『平家物語』とは異なり、寿永二年以降も合戦のことには直接触れず、ただ、大切な人達が次々と失われていく絶望感だけが綴られていきます。

合戦とは決して美化されるものではない。ただただ悲惨なものである、ということを、彼女は伝えているように思えます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ところで、『右京大夫集』は、まだここでは終わりません。
悲しみに打ちのめされても、彼女は自暴自棄にはなりませんでした。

やがて、少しずつ正気を取り戻した彼女は、自分なりの方法で資盛の供養につとめます。また、大原の建礼門院(徳子)を尋ねることなどもしています。

彼女は世を棄てることを選ばず、やがて、後鳥羽天皇施政下の宮中に再出仕します。
資盛への想いを抱えながら、次の時代を生き抜くのです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

というわけで、この漫画もまだ続きます。


▼シェアボタン
 

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村






※参考文献「平家物語」新日本古典文学大系(岩波書店)/「平家物語図典」(小学館)/「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏/「源平の内乱と公武政権」川合康氏(吉川弘文館)/「平家の群像」高橋昌明氏(岩波新書)

【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所