『平家物語』おすすめ本 7選!【原文・現代語訳・新書・古典・小説・漫画】

今回はコラムです。
『平家物語』を楽しむためのオススメ本を紹介します!
大の平家ファン・えこぶんこが、ガチで面白いと思った本ばかりを厳選しました。
◆目次◆ ・原文・現代語訳
・新書
・古典文学
・小説
・漫画 

原文・現代語訳

■「平家物語 全訳注」(杉本圭三郎氏)講談社学術文庫


新版 平家物語(四) 全訳注 (講談社学術文庫)


古文ファンの愛読書、講談社学術文庫です。 底本は覚一本。
図書館で分厚い全集を借りなくても、原文と現代語訳が文庫で通勤時間に読めるなんて、なんと贅沢で有り難いシリーズだろう。

古文にあまり馴染みがないという方にも原文・現代語訳はオススメできます。 なぜなら『平家物語(覚一本)』は、そんなに難しくないからです。

例えば、平安中期の王朝文学などは、主語がなくて誰がしゃべってるのかわからなくなったりしますが・・・(私はそうなる)
『平家物語(覚一本)』は、ちゃんと主語もセリフもわかるし、ストーリーも明解で、ドラマチック。キャラがそれぞれ立っていて、現代の小説を読んでいるのと変わらない感覚で、感情移入できます。

というのも、数ある平家物語諸本のうち、「覚一本は、琵琶法師が語ったテキスト。平易な言葉で、涙を誘うように作られているのです。

とはいえ結構な長さですから、面白そうな巻から読むのもいい手だと思います。 その昔、琵琶法師から平家物語を聞いていた人たちだって、聞きたい話をリクエストしていたことでしょうから。
重衡・維盛ファンにお勧めは、巻十です。(講談社学術文庫では(四)収録)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■「吉村昭の平家物語」(講談社文庫)


吉村昭の平家物語 (講談社文庫)


もっと簡潔に現代語訳を読みたい、という方にオススメ。
といってもダイジェスト版ではなく、ほぼ全体が収録されているので、ストーリーがぶつ切りになることはありません。

平家物語には、仏教説話めいた部分や、話が逸れる部分が結構ありますので、それらを徹底的にカットし、主軸のストーリーに当たる部分のみを残しているのですね。文章はほぼ原文に忠実で、平家物語の素地を損なわないよう、真摯に丁寧に訳されたことが伝わります。
これ一冊を読めば、平家物語を通読した、と言っても過言ではない、そんなお得な一冊です。

新書

 ■ 『平家の群像』 高橋昌明氏(岩波新書)


平家の群像 物語から史実へ (岩波新書)


『平家物語』が文学的虚構を抱えているのに対して、こちらの本は、 当時の史料をもとに、できるだけ史実の姿を顕そうという試みです。 特に維盛資盛重衡といった平家の人気の公達については、かなり詳しく迫っておられます。

『平家物語』とはまた違う彼らの真の姿が浮かび上がって面白い。
(私の感想は、「平家物語より、みんな史実の方がかっこいいじゃないか!」でした。)
平家公達ファン必携です。

古典文学

平家物語の副読本としてオススメの古典は、この二つ。

■『建礼門院右京大夫集』糸賀きみ江氏(講談社学術文庫)


建礼門院右京大夫集 全訳注 (講談社学術文庫)


高倉天皇の中宮・平徳子に仕えた女房、右京大夫の歌集です。
『平家物語』が、伝聞や伝承をもとに後世に編纂されたものであるのに対し、『右京大夫集』の特筆すべきは、なんといっても一次情報であるということです。

実際に平家の人々と近しい場所で交際していた彼女の言葉は、他のどんな伝聞より重く我々の心に響きます。

『平家物語』では大将軍の彼らも、日常では仕事をし、友と遊び、恋に悩む、我々と同じ一人の人間だったということを思い出させてくれます。

漫画で読むなら、えこぶんこ(当ブログ)をどうぞ!・・・と宣伝。一話はこちらから。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■『平家公達草紙』 櫻井陽子氏・鈴木裕子氏・渡邉裕美子氏(笠間書院)

 
平家公達草紙: 『平家物語』読者が創った美しき貴公子たちの物語


これまた、面白い本です。
「平家公達草紙」は、鎌倉時代に成立した、平家の公達にまつわるエピソード短編集。

こちらの本には、平家ビギナーにもわかるよう、丁寧な解説と注釈、現代語訳があります。さらには、本文の影印まで!装丁もオシャレで、華やかなカラー刷り。
編纂の先生方の気合いというか、愛を感じます

ところで、『平家公達草紙』の作者について、かつては同時代人の藤原隆房とされていましたが、現在では、後世の平家読者による二次創作だと指摘されています。

『平家物語』や『建礼門院右京大夫集』を読んで、維盛ステキ!重衡カッコイイ!ってなった鎌倉時代の女子たちが、公式では物足りず、同人誌作っちゃったってことですね。
 なんだそれ、友達になれそう。

隆房と維盛が若干BLっぽくなっていたりして、そうかそうか、鎌倉女子もこういうのがお好みか。と思った次第です。

小説

■「最後の御大将 平重衡」中津文彦氏(PHP文庫)

 
最後の御大将 平重衡 義経が最も恐れた男 (PHP文庫)


すごく面白いのに、残念ながら絶版ですので、図書館かkindleで是非!復刊希望〜。

重衡が主人公なんて、珍しい!
でも、平家の盛衰の全貌を語るのに、これ以上相応しい主人公はいないですよね。

この時代を扱うと、清盛義経が主人公になることが多いのですが、
清盛は一番盛り上がるところで途中退場してしまいますし、 義経はそもそも、権力の中枢にはいませんので、この時代の全体像が描かれにくい。

その点、重衡は、平家の栄華の絶頂期に渦中にいて、かつ、源平の戦いでは主戦力となり、さらには捕虜となって滅亡を見届けています。重衡の目線で描くことで、この時代の歴史のうねりの全てを平家の中枢から描くことができますね。

無謀にも玉砕するまで源氏と戦い続けたイメージの『平家物語』とは異なり、 この小説では、重衡は、最後まで平家存続の(つまり和平の)道を模索し続けます。 そのため重衡があえて捕虜となったくだりは、鳥肌もののカッコよさです。

この設定は、小説独自のものでしょうか?

当時の史料を見ると、平家側が和平を望んでいたのはどうも事実のようです。 武勇で聞こえた重衡がみすみす捕虜となって、屋島の平家陣に神器を返還するよう手紙を出したという史実からも、重衡は身を挺してなんとか平家を滅亡から救おうとしたのではないかと思わずにはいられないのです。

漫画

■日本の歴史 源平の戦い(小学館)

 
日本の歴史 源平の戦い: 平安時代末期 (小学館版学習まんが―少年少女日本の歴史)


子供向け学習漫画と侮るなかれ。小学館のこのシリーズの内容は、大学入試レベル・・・いやそれ以上だと思います。

すごいのは、内容の詳細さだけではなく、背景の建物や装束にいたるまで徹底的に時代考証されて描かれているところ。
例えば、同じ平安時代でも中期と院政期では微妙に違う装束の差や、座り方、扇の持ち方に至るまで、細かく描写されています。

只ならぬ信念で編纂された仕事であろうということが伝わりますね。受験生にも、大人にもオススメできます。

ただ・・・維盛は美形じゃなかったですね。
義経は美形なのに。泣。
あっでも、平安時代の美形ってむしろあんな感じか。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

次回は再び、「建礼門院右京大夫集あらすじマンガ」です。
平家は西海へ。都には義仲。鎌倉には頼朝。どうなる?平資盛!



▼シェアボタン

【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所