恋なんてしないはずが?平資盛のアプローチ【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】|平家物語

右京大夫が平資盛との恋についてはじめて語る段。右京大夫は、意外にも恋愛否定派だった・・・?
あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<61番詞書>より
建礼門院右京大夫集
古文の平家物語と建礼門院右京大夫集の、平資盛との恋の始まりの、えこぶんこの漫画イラストです
古文の平家物語と建礼門院右京大夫集の平資盛との恋の始まりの、えこぶんこの漫画イラストです
古文の平家物語と建礼門院右京大夫集の平資盛と恋の始まりの、えこぶんこの漫画イラストです
建礼門院右京大夫集61番
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。

◆解説目次◆ ・登場人物
・プライド高め?バリキャリ女房、右京大夫
・歳の差恋愛って本当?資盛との年齢差

登場人物

平資盛(たいらの すけもり)
平清盛の長男(重盛)の次男。

右京大夫(うきょうのだいぶ)
中宮・徳子に仕える女房。

プライド高め?バリキャリ女房、右京大夫


 61番詞書によれば、右京大夫は自分のことを、「なべての人のようにはあらじ」(世間の普通の女のように、恋愛で悩んだりなどしない)と思っていたらしい。

 なんというか・・・自意識の高さを匂わせる言い方ですね

 それが、 「思ひのほかに物思はしきこと添ひて、さまざま思ひ乱れ(図らずも、恋の悩みが生じてしまって、思い乱れ)るハメになってしまったらしい。

 もともと恋愛に憧れていたわけではないのですね。

 実際、右京大夫は、文芸にも音楽にも優れたハイスペック女子でしたので、それなりにプライドも高かったのだと思われます。



 中宮徳子の代わりに和歌を読んだり、高倉天皇と掛け合いのような和歌のやりとりまでしていますので、かなりエグゼクティブなポジションですよね。

 また、藤原実宗、平宗盛、忠度、重衡、維盛など、たくさんの男性官人と戯れの和歌の贈答をしている様子が、建礼門院右京大夫集から伺えます。
 頭が良くて機転のきく彼女は、かなりモテたんでしょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 

そんな彼女が、不覚にも資盛との恋に落ちてしまった理由は・・・

「朝夕、女どちのやうに交じりゐて見かはす人あまたありし中に、とりわけとかく言ひし」(朝夕、女同士のように、仕事で顔を合わせる男性が大勢いた中で、特別言い寄ってきた)のが、資盛だったそうです。
 資盛の方から、積極的にアプローチしたようですね。

 「あるまじのことや」(恋なんて絶対しない)と決めていた彼女でしたが、
「契りとかやは逃れがたく」(前世から定められた運命からは逃れられず)、 結局、恋の道に踏み入ることになってしまったそうです。

 本当に不覚だったのですね。

実際、資盛の恋人になって幸せだったのかと考えると、安易に肯定できないものがありますので、彼女の懸念は当たっていたのかもしません。

 けれども、後に、資盛の壮絶な運命を心に抱え続けることが彼女の生きる意味となり、やがて後世に読み継がれる名作を記すに至ったという点では、やはり資盛は宿命の人だったのだと思います。





歳の差恋愛って本当?右京大夫と平資盛の年齢差

右京大夫と資盛は、よく、年上女性と年下男性のカップルだと言われます。

 実際、何歳離れていたのでしょう。

・・・実は、わかりません。
 右京大夫の生まれ年が不明だからです。(この時代の女子にはよくあることです)

記録がないので、状況証拠から推測するしか無いようです。

 1173年に宮仕えを開始しているから、このとき17、8歳とすれば、1157年生まれとなる。 ただ、この説だと、作中の式子内親王女房との贈答歌が12、3歳頃となり、さすがにそれは無理だろうとのことで、1152〜1155年頃の生まれではないか。

・・・ということらしいです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 資盛が1161年生まれですから、
 仮に右京大夫が1152年生まれなら、九歳違い
 右京大夫が1157年生まれなら、四歳違い

 確かにちょっと歳上ではあります。

古文の平家物語と建礼門院右京大夫集の平資盛現パロの、えこぶんこの漫画イラストです

手慣れた男性官人たちと、洗練された和歌の贈答を日常のようにしていた右京大夫にとっては、若くて初々しい資盛の感じがかえって新鮮だったのかもしれませんね。
(妄想ですけど)
 ※資盛は1158年生まれだとする説もあります。ややこしい。






▼シェアボタン
 

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村





※参考文献/「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏/「建礼門院右京大夫集全注釈」(講談社)糸賀きみ江氏/「平家物語」新日本古典文学大系(岩波書店)梶原正昭氏・山下宏明氏

【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所