唯一の弱点?!平維盛の恋愛問題-2【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】|平家物語

前回>のつづきです。 平維盛の恋人が悩む姿に、右京大夫がとった行動は・・・

『建礼門院右京大夫集』<187~192番詞書>より
建礼門院右京大夫集と平家物語の現代語訳あらすじマンガ解説平維盛
建礼門院右京大夫集と平家物語の現代語訳あらすじマンガ解説平維盛
古文の平家物語と建礼門院右京大夫集の平維盛が明け方の月をたもとに宿しつつ変帰さの袖は我ぞ露けきという和歌のえこぶんこの漫画イラストです
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。

◆解説目次◆ ・維盛、唯一の弱点。それは・・・
・右京大夫 V.S. 維盛 和歌対決!

維盛、唯一の弱点。それは・・・


はい、「和歌が苦手」でした。

では、維盛の他のスペックを見てみましょう。
★笛
治承三年二月、東宮誕生百日祝いの席で、自ら笛を奏している。『玉葉』
中宮の西八条亭行啓にて、笛を奏している。『右京大夫集』

★朗詠
同じく、西八条亭にて、朗詠している。『右京大夫集』

★歌
承安二年正月、高倉天皇の法住寺殿行幸にて、管弦の楽に合わせて付歌を歌う。『玉葉』

★舞
安元二年、法住寺殿にて、後白河院の前で、「青海波」を舞い、絶賛される。『安元御賀記』『右京大夫集』

★作法
承安二年、諸衛府の次官を招いた酒宴で、勧盃役を務め、九条兼実に「年少と雖も作法優美、人々感歓」と絶賛されている。『玉葉』
※参考文献「平家の群像」岩波新書 高橋昌明氏

・・・完璧ですね。(@_@)

まさに歌って踊れる(さらに笛も吹けて礼儀正しい)アイドルです。


そんな彼が、実は、和歌が苦手だった・・・ということが、右京大夫によって明らかにされてしまいました。彼女は、別の項でも、維盛の和歌下手エピソードを載せています。(95番~98番詞書)

とはいえ、それを咎めるというよりは、微笑ましいような目線で書いている気がするんですよね。ひょっとして、彼女は、「女子たちの憧れ維盛さまの、意外な弱点」をちょっとかわいいなとか思っていたんじゃないだろうか。
(わかります、わかります)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

それにしても、右京大夫の性格がわかるエピソードです。 友達想いで、さらに、男性官人にも物怖じせず、軽口を言い合えるような、勝気で明るい女性だったことがうかがえます。 (ひと世代前の清少納言を彷彿とさせるような・・・)

 現パロすると、こんな感じか。
古文の平家物語と建礼門院右京大夫集の平維盛の現パロの漫画イラストです



右京大夫 V.S. 維盛 和歌対決!


この場面で右京大夫が詠んだ和歌は下の三首です。

〔187番〕
よそにても 契りあはれに 見る人を つらき目見せば いかにうからむ

〔188番〕
立ち帰る なごりこそとは いはずとも 枕もいかに 君を待つらむ

〔189番〕
起きてゆく 人のなごりや をし明けの 月影白し 道芝の露

●現代語訳●
〔187番〕
よそ目にもあなたと深い宿縁があると思われるあの人に、薄情なことをしたら、私もどんなに悲しいでしょう。

〔188番〕
 「あなたがお帰りになる名残が惜しい」と口に出しては言わないけれど、枕もどれほどあなたをお待ちしていることでしょう。

〔189番〕
起きて帰ってゆく人の名残を惜しむのでしょうか。戸を開けて見送ると、夜明けの白い月光に、まるで涙のように道芝の露が輝いています。
うん、たしかにおせっかいだわ。

それに対する、維盛の返歌はこちら。
〔190番〕
わが思ひ 人の心を おしはかり 何とさまざま 君嘆くらむ

〔191番〕
枕にも 人にも心 思ひつけて なごりよ何と 君ぞいひなす

〔192番〕
明け方の 月をたもとに 宿しつつ 帰さの袖は 我ぞ露けき

●現代語訳●
〔190番〕
私がどう思っているのか、あの人がどう思っているのかを勝手に推し量って、何だといってあなたは、あれこれとお嘆きになるのでしょう。

〔191番〕
枕にも、あの人にも、勝手に自分の思った考えを押し付けて、名残が惜しいのなんのと、さもまことしやかにあなたはおっしゃるのですね。

〔192番〕
明け方の月の光を、袂に置いた涙に映しながら帰る後朝の袖は、見送るあの人の袖よりわたしのほうこそ濡れているのですよ。
右京大夫の和歌を踏まえて、抵抗を試みていますね。

即興でこんなの詠めたら充分すごくね?!

と現代人としては思いますね。

※和歌原文は『新編日本古典文学全集』(小学館)より抜粋。 ※現代語訳は、複数の参考文献(下記)をもとに作っています。



建礼門院右京大夫集 全訳注 (講談社学術文庫)




▼シェアボタン
 

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村





※参考文献/「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏/「建礼門院右京大夫集全注釈」(講談社)糸賀きみ江氏/「平家物語」新日本古典文学大系(岩波書店)梶原正昭氏・山下宏明氏

【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所