大原へ。建礼門院を訪ねて -前編【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】

壇の浦の戦いで一命をとりとめた建礼門院(平徳子)は、都に戻され、文治元年の秋、大原の寂光院に移りました。右京大夫は、建礼門院に会いたいと、大原を訪れるのですが…。

あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<240歌詞書>より

漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。
漫画は、次回(後編)につづきます。

◆解説目次◆ ・登場人物
・建礼門院の大原入り
・平家物語『灌頂巻』 

登場人物

建礼門院[平徳子](けんれいもんいん[たいらのとくし・のりこ])
平清盛の娘。高倉天皇の中宮。安徳天皇の生母。

右京大夫(うきょうのだいぶ)
平徳子(建礼門院)に仕えていた女房。

建礼門院の大原入り

右京大夫は、かつて女房として仕えた建礼門院に会うため、大原を訪ねました。

「さるべき人に知られでは参るべきやうもなかりしを」(しかるべき人の案内がなければ、参上することもできなかったのですが)
と書いているように、堂々と訪ねられる状況ではなかったようです。

境遇が変わり果て、山中にて穏やかに暮らす建礼門院を訪ねることに、遠慮があったのかもしれません。一説には、源氏方の目を憚ったという見方もあります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平家滅亡後の建礼門院の動向を見てみましょう。

壇の浦で一門とともに入水したものの、源氏方に引き上げられて、生き延びた建礼門院は、都へ帰されます。

文治元年(1185)4月28日、建礼門院は、東山の麓の吉田にある法印慶恵の里坊に入りました。この地で、阿証坊印西(法然の弟子)を戒師として、出家しました。

ところが、同年7月9日の大地震で、この吉田の御所が大破。住める状態ではなくなってしまいます。女房の勧めもあって大原寂光院に移りました。

この大原への転居は、建礼門院自身の希望もあったということです。

壇の浦の戦いでは、母(平時子)、子(安徳天皇)、兄(平知盛)が入水。
さらに、吉田に滞在中には、生け捕りになっていた兄(宗盛)、弟(重衡)が無残に斬首されたという報せを耳にしなければならなかった建礼門院。

彼女が経験した悲劇は、想像を絶するものがあります。
都を離れた大原の地で、静かに、一門の菩提を弔って暮らしたい、と思うのも当然だったでしょう。




平家物語『灌頂巻』

大原に隠棲後の建礼門院については、平家物語(覚一本)の最終巻である『灌頂巻』に詳しく語られています。

『平家物語』は、清盛の父である平忠盛の出世譚から始まりました。その後、清盛重盛維盛六代とつながる嫡流の系譜が、六代の斬首によって断たれたことで、平家が断絶したと締めくくっています。
それよりしてこそ、平家の子孫は、ながくたえにけれ。

(巻十二「六代被斬」)

この六代の処刑をもって物語の末尾とするのが、平家物語の古い形態だと言われています。

はい、『平家物語』おしまい。

・・・・・。

待って…。

これでは、あまりにも救いがない………。
読後感が辛すぎます。

そこで、最終巻『灌頂巻』が果たした役割が、鎮魂と救いの物語でした。

覚一本など一方流の語り本は、もともと時系列通りに挿入されていた建礼門院にまつわる一連の物語を『灌頂巻』として独立させ、あえて平家物語の末尾に配置し直したのです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
建礼門院は、残りの生涯の全てを捧げて一門の供養に勤め、やがて穏やかに往生を遂げます。このとき、西の空には紫色の雲がたなびき、よい香りが満ち、どこからともなく音楽が聞こえてきたといいます。

無惨に散っていった平家一門の人々、彼らの無念も、きっと建礼門院の供養によって救われただろう、そして、それだけ仏行に専心した建礼門院自身も、御仏に導かれて救われたことだろう…

という穏やかな読後感を残して、『平家物語』(覚一本)は幕を閉じるのです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

上記のように、平家物語の語り本系では、建礼門院は、建久二年(1191年)寂光院にて亡くなったとしています。
一説には、終生大原にて過ごしたわけではなく、後に都に戻り法勝寺あたりや東山の鷲尾に居住し、貞応二年(1223年)に亡くなったとも言われています。

それにしても、平徳子という女性の生涯は、初めから最期まで、平家の命運を背負い続けたものだったように思われます。

平家絶頂期には、天皇の中宮となり皇子を産み、平家隆盛の象徴となりました。そして、平家滅亡後には、一門を供養する象徴の役割を担って描かれたのです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

次回は、建礼門院を訪ねて(後編)です。




▼シェアボタン
 

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村





※参考文献「平家物語」新日本古典文学大系(岩波書店)/「平家物語必携」(學燈社)/「平家物語図典」(小学館)/「平家の群像」(岩波新書)高橋昌明氏/平家後抄(朝日新聞社)角田文衛氏/「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏


【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所