わたしは何なの?隆信の結婚【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】|資盛の正妻

隆信は実家にも迎えの車を寄越します。執拗な隆信の誘いに、右京大夫がついに折れてしまう?!
あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<164・146~148番詞書より>
古文の平家物語の建礼門院右京大夫集の平資盛の雲の上をよそになりにし憂き身には吹きかふ風の音も聞こえずの現代語訳あらすじマンガイラスト
古文の平家物語の建礼門院右京大夫集の藤原隆信の「越えぬればくやしかりける逢坂を何ゆゑにかは踏みはじめけむ」の現代語訳あらすじマンガイラスト
古文の平家物語の建礼門院右京大夫集の藤原隆信の誰が香に思ひ移ると忘るなよ夜な夜なれし枕ばかりはの現代語訳あらすじマンガイラスト
古文の平家物語の建礼門院右京大夫集の現代語訳あらすじマンガイラスト
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。


◆解説目次◆ ・登場人物
・隆信って男・・・。
・で、資盛は何してた? 

登場人物

藤原隆信(ふじわらのたかのぶ)
歌人。似絵の名手。

右京大夫(うきょうのだいぶ)
中宮・徳子に仕える女房。現在は退職。

隆信って男・・・。


本命の資盛は冷たいし、宮中を離れて淋しいし・・・

隆信が遊び人だということは頭では解っていながらも、右京大夫は、隆信の寄越した牛車に乗って出かけていくということを繰り返してしまいます。
そんな中、非情にも、隆信の正妻が決まったという噂が耳に入ります。

この時点で、隆信は三十代後半〜四十前後なので、遅くないか?と思いますね。
奥さんのような人は既に何人かいたと思うので、新たに正妻格の人が決まった、ということでしょうか。
 隆信の正妻としては、中務少輔藤原長重女が知られています。
 (前回の記事にあったように、文中に相手の名前は出てきませんので、正妻云々は資盛の話だとする説もあります)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

いずれにしても右京大夫は、当然のように、初めから妾妻扱いだったわけです。
幸せにできないなら、中途半端に言い寄ってくるなよ!と言いたいところですが、 平安時代の男性の感覚は、そんなものなのかもしれません・・・。







で、資盛は何してた?

宮仕えを退いてのち、しばらく資盛からは連絡がなかったようです。(164番詞書)

でも資盛は、右京大夫のことを忘れたわけではなく、むしろ想い続けていたことは、都落ち直前の行動でわかります。(この辺りは後日漫画にします、お楽しみに!)

じゃあ何故、長い間右京大夫を放っておいたんだ?
おそらく資盛は、「それどころじゃなかった」のではないかと・・・

右京大夫が退職した頃には、既に平家の総帥・重盛(資盛の父)は病がちになっており、資盛たち小松家の立場は危うくなっていました。
さらに今後、以仁王の乱、福原遷都、各地の反乱の追討と、平家政権の根幹に関わる出来事が立て続けに起こる訳ですから、その渦中の資盛は、呑気に恋愛してる場合じゃないですね。
古文の平家物語の建礼門院右京大夫集の平資盛と藤原隆信の現代語訳あらすじマンガイラスト

そして、もう一つの理由は、やはり正妻の存在です。 隆信だけでなく資盛も、どこかの時点で正妻を持っているはずなのです。
今回は、資盛の正妻について、史実に基づいてマジメに考察してみます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


資盛の正妻は、権中納言藤原基家

藤原基家は、一条室町の北にある広大な邸宅・持明院第を伝領しており、資盛は、結婚後この持明院に居住していたようです。そのため資盛は、当時の史料では「持明院少将」「持明院三位中将」いう名で記されています。

平安時代の結婚は婿入り婚で、妻の実家が、婿を政治的・経済的に支援しました。
男性にとって、有力な家の娘と結婚できるかどうかは、政治的には死活問題です。惚れた腫れたの次元ではありません。

一方、右京大夫の父親は、優秀な文学者ではありましたが、既に他界していたので後見人にはなり得ません。いくら彼女が優秀でも太刀打ちできないのです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

小松家は、兄・維盛と弟・清経が、平家を裏切った藤原成親の娘を正妻にしていたことで政治的には失敗しているので、 資盛としては、この持明院家との縁は大事にしたいところだったでしょう。

もう少し後の話ですが、都落ちの時に資盛は、大叔父にあたる平頼盛とともに後白河院を頼って京に戻るのですが、頼盛は、この持明院家と縁故がある人物です(平頼盛の娘が、藤原基家の妻という関係です。)
資盛は、持明院家を通じて、平家主流とは別の独自の人脈を持っていたことが想像できます。
(結果的には、頼盛だけが鎌倉方に投降し、資盛は平家と運命をともにします)
以上のように、資盛にとって正妻、というか正妻のバックにある持明院家は、自身の政治的立場を支えてもらうための大事なファクターだったことが伺えます。 その持明院家に住ませてもらっていたとしたら・・・

右京大夫のところには、なかなか行けませんよね。

まぁ現代の感覚では、結婚したんならもう行くな、ってなりますけどね。そこは平安時代。

参考文献:「平家後抄」(角田文衛氏)朝日新聞社
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

少しドロドロして来ましたが、次回で「隆信との恋編」は終わりです。
お話は、平家滅亡へと続いていきます。



▼シェア


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村




※参考文献/「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏/「建礼門院右京大夫集全注釈」(講談社)糸賀きみ江氏/「平家物語」新日本古典文学大系(岩波書店)梶原正昭氏・山下宏明氏

【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所