平家滅亡の序章!寿永二年【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】

ついに、運命の寿永二年。資盛は蔵人頭に昇進するも、平家の行く先には暗雲が立ち込める。
あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<205番詞書>より
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。

◆解説目次◆ ・登場人物
・蔵人頭はエリート官僚
・たった半年間だった、蔵人頭 

登場人物

平資盛(たいらのすけもり)
清盛の長男[重盛]の次男。右京大夫の恋人。

平維盛(たいらのこれもり)
資盛の兄。

右京大夫(うきょうのだいぶ)
中宮・徳子に仕える女房。現在は退職。

蔵人頭はエリート官僚

ついに、運命の寿永二年になってしまいました。資盛は、彼の最後の官職・蔵人頭に昇進します。

蔵人頭(くろうどのとう)とは、いわゆる天皇の秘書官で、今で言うところの官房長官のようなもの。エリート官僚です。

蔵人頭は近衛中将と兼任することが多く、「蔵人頭+近衛中将」の役職にある人のことを、「頭中将」(とうのちゅうじょう)と呼びます。

というわけで、資盛も、「蔵人頭+右近衛権中将」なので、「頭中将」ですね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

余談ですが、「頭中将」といえば『源氏物語』。
『源氏物語』の漫画などでは、光源氏のライバルキャラ「頭中将」が、固有名詞のように使われていますが、あれは現代読者にわかりやすくするための処置です。
本当はあの人、昇進する度に呼び名変わってるんですよね。最後には、太政大臣にまでなっています。

あれを混乱せずに読めていた当時の読者ってすごいなぁと正直思います。





たった半年間だった、蔵人頭

資盛が蔵人頭だったのは、たったの半年間だけでした。
※寿永二年(1183)正月二十二日から、七月三日まで。(公卿補任)。

半年間の蔵人頭でしたが、この間に資盛が処理した仕事の書類は、公文書として宮中に残っていたようです。
平家滅亡後、のちに再出仕した右京大夫は、公人としての資盛が遺した書類の存在を、官人同士の何気ない会話から知ることになります。(328詞書)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
刻一刻と、別れの時が近づいて来ました・・・
次回に続きます。



▼シェア


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村





※参考文献/「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏/「建礼門院右京大夫集全注釈」(講談社)糸賀きみ江氏/「平家物語」新日本古典文学大系(岩波書店)梶原正昭氏・山下宏明氏

【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所