平家が題材の江戸川柳が面白い!【コラム】

今回はコラムです。
しばらく重い話が続いたので、ゆるい話題で。(^^)
「平家物語」を題材にした、江戸時代の川柳を紹介します。するどいツッコミにシャレ、江戸時代の人のセンスがすごい。

※今回の記事は「江戸川柳で読む平家物語」阿部達二氏(文春新書)を元に書かせていただきました。

◆目次◆ ・平家が題材の江戸川柳!
・江戸時代のセンスはすごい

平家が題材の江戸川柳!


■清盛と大輪田泊
博士 ある日びつくり 平家の世
大輪田泊の修復工事の最中、あと少しで完成するという時に陽が暮れかかったので、清盛が扇で夕日を招き返したという伝説から。
当時は日時計だったから、こんなことされちゃ暦博士もびっくりしたでしょうね。という話。


■清盛を諫める長男・重盛
小松殿 立たれてみんな のびをする
鹿ケ谷の陰謀を受けて法皇を幽閉しようとする清盛を、重盛が朝恩を説き諫めた場面。
・・・の後の一コマ。
正論で説教する人が会議から出て行って、みんなやれやれホッとする感じ?(会社みたい)
平家物語では屈指の名場面なんですが、江戸時代の人の目の付け所おもしろい。


■重盛の他界
小松菜が 枯れてまごつく 蝶の群れ
小松は重盛。蝶は平家の紋。
清盛を諫めることができる唯一の存在であり、後白河院との調整役でもあった重盛がいなくなって以降、平家は傾いていく。
上手い比喩。


■福原遷都
新都では 海ばつかりを 諸卿ほめ 
福原京には、ほめるものが海しかなかった?


■以仁王の挙兵(橋合戦)
扨(さて)よく しやべるやろうだと 源三位

宇治橋が外されていて、川を渡るしかないその時、宇治川に真っ先に入っていった足利忠綱
忠綱が大きな声で細かい指示を出したおかげで、続く三百騎が無事に川を渡れた。
その指示が、
「強い馬を上手に、弱い馬は下手に、足の届く間は手綱をゆるめて歩かせよ。跳ねあがっったら、手綱を引き締め泳がせよ。遅れるものは、弓のはずに取りつかせよ。手を取り組み、肩を並べて渡してゆけ・・・(まだまだ続く)・・・まっすぐに渡して押し流されるな。流れに従ってななめに渡れや渡れ」
というめちゃくちゃ長いものだったので、

迎え討つ頼政の感想がまさかの「よくしゃべるなぁ」

■頼朝挙兵
一門の 仇は禅尼の 慈悲から出
かつて平治の乱の折に、池禅尼の命乞いによって助かった頼朝が、平家の仇となったよ、と。まぁそう言われるよね。

■富士川の合戦
立つ鳥が 末世平家の 名を濁し
水鳥の羽音に驚いて逃げたといわれる平家軍。立つ鳥あとを濁さずではなく、名を濁したと。

■宇治川の先陣
宇治川は 三人目から 名が知れず
佐々木高綱梶原景季の先陣争いが目立ちすぎて、三番目(畠山重忠)以降は目立たなくなってしまったと。

■一の谷の戦い
水鳥の あとひよ鳥に 又あわて
富士川で水鳥に慌てたと思ったら、今度は鵯越えで慌てるはめになったよと。


源平に 優美と修羅の 須磨の浦
『源氏物語』の須磨の巻は優美だが、『平家物語』では修羅だと。上手いこと言った感。


山桜 百にはもれて 千に入り
忠度の和歌(さざなみや志賀の都はあれにしを昔ながらの山桜かな)は、定家の百人一首には入らなかったが、俊成の千載集には入ったよ、と。
上手いこと言うなぁ。


■屋島の戦い
逆櫓から だんだん梶が 曲がり出し
逆櫓をめぐる言い争いから、義経と梶原景時との仲が曲がりだした、と。

逃げたのを 行幸だという 平家方
平家にはまだ天皇と三種の神器がありますからね。

■壇ノ浦の戦い。
牛若は 大長刀に 二度出会い
一度目は弁慶、二度目は教経。

■鎌倉幕府
朝日夕日も入り果てて 星月夜
朝日は朝日将軍木曽義仲、夕日は平清盛(扇で落日を招き返した逸話から)。
星月夜は鎌倉の枕詞。
結局最後は、鎌倉の頼朝だったよ、ということね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

江戸時代のセンスはすごい

いやぁ、江戸時代の人のセンスはすごいですね。

そして、これを見て共感できるということは、なんの暗喩かわかるくらいの知識を庶民まで共有していたということですよね。
改めて、江戸時代の知的レベルの高さはすごいと思いました。

尚、江戸時代の人に人気だったのは、意外にも源三位頼政だったそうです。鵺退治の歌舞伎などで有名だったからでしょうね。
当時は維盛重衡は全然人気じゃなかったんですね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

次回は、ふたたび「建礼門院右京大夫集」あらすじマンガ。
鎮魂と再出発編がはじまります。




▼シェアボタン
 

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村






※参考文献「平家物語」新日本古典文学大系(岩波書店)/「平家物語図典」(小学館)/「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏/「源平の内乱と公武政権」川合康氏(吉川弘文館)/「平家の群像」高橋昌明氏(岩波新書)

【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所