スーパーアイドル!平維盛-2【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】|平家物語

前回>のつづきです。
美しい平維盛の武官姿を見た、藤原実宗と右京大夫の反応は・・・

『建礼門院右京大夫集』<6番・7番詞書>より
古文の平家物語と建礼門院右京大夫集の平維盛を、「うらやまし見と見る人のいかばかり」と藤原実宗が詠んだ、えこぶんこの現代語訳あらすじマンガ漫画イラストです
古文の平家物語と建礼門院右京大夫集の平維盛を、「なかなかに花の姿はよそに見て」と詠んだ、えこぶんこの現代語訳あらすじマンガ漫画イラストです
建礼門院右京大夫集6・7番
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。

◆目次◆ ・「葵」と「逢う日」は鉄板ネタ!
・まだまだつづく、維盛・モテ伝説。


「葵」と「逢う日」は鉄板ネタ!

え?実宗さん?唐突に何が言いたいの?
って感じですが・・・

これは、賀茂祭〔葵祭〕の際に、葵をつけた鬘(かずら)を御簾などにかける、という風習にちなんで、
あふひ=葵(あおい)

あふひ=逢う日(男女が交際する)

かける=葵を掛ける

かける=願いをかける
の二つの掛詞を盛り込んでオシャレな和歌を詠んでみた、というだけのことです。

それに対する右京大夫の返歌も、この二つの掛詞を踏まえたものになっています。
よくある殿上人と宮廷女房の、機知に富んだ戯れでした。

維盛にしたら
「俺のいないところで、ひとの容姿をネタに、なに遊んでんじゃい!」ってところでしょうが。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

この場面で、実宗〔6番〕・右京大夫〔7番〕が詠んだ和歌はこちら

〔6番〕
うらやまし 見と見る人の いかばかり なべてあふひを 心かくらむ

〔7番〕
なかなかに 花の姿は よそに見て あふひとまでは かけじとぞ思ふ


●現代語訳●
〔6番〕
うらやましいな。あの美しい維盛を見る女性は皆、(賀茂祭で葵をかけるように)、彼と逢う日〔恋人になる日〕を、どれほど心をかけて願っていることだろう。

〔7番〕
維盛さまの花のようなお姿は、かえって私などには関係のないものだとして、よそに眺めることにします。(賀茂の祭で葵をかけるように)逢う日〔恋人になる日〕を心にかけて願うなんてことは、しないでおこうと思います。
※和歌原文は『新編日本古典文学全集』(小学館)より抜粋。現代語訳は、複数の参考文献(下記)をもとに作成。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ただ最後には、実宗に、意外な深層心理を突かれた右京大夫さん。
結局、彼女が維盛をどう思っているかをまとめると・・・

超カッコイイ。とくに特別衣装のときなんて、ドキドキする!
でも、付き合うなんて、とんでもない。
ああいう人は、遠目で見てるのが一番。
まぁ、正直いうと、そりゃちょっとは付き合ってみたい気もするけどね!

・・・・・・つまり、アイドルってことでOK?



まだまだつづく、維盛・モテ伝説。

今回の話でも実宗が、維盛のモテっぷりをさらりと教えてくれていますが、当時、維盛はおそらく十七歳。

維盛モテ街道はこれからが本番です。

その頂点は、前回でも少し触れた、安元二年、法住寺殿で催された、後白河法皇五十の御賀での青海波舞。
維盛、十八歳の春。

平家物語巻十には、このように書かれています。

知盛・重衡など平家一門の人々が着飾って垣代に立ったその中から、維盛が出て、桜の花を頭にさし、青海波を舞った。あでやかな花の姿、舞う袖が風にひるがえるその美しさは、地を照らし、天も輝くほどだった。
女房たちは、維盛のことを「深山木の中の桜梅」といって賛美した。

※参考 平家物語 巻十『熊野参詣』(講談社学術文庫)杉本圭三郎氏

なんで、維盛が「光源氏の再来」とまで言われたかというと、きっかけは、この青海波舞です。
青海波舞といって思い出すのは、『源氏物語』「紅葉賀」巻。桐壺帝の御前で光源氏と頭中将が青海波を舞う、名シーンです。

維盛の美しさ+青海波=
こ、これは・・・源氏物語のアレだ、アレ!!

・・・と当時の人は、打ち震えたんでしょうね。


平家物語と建礼門院右京大夫集の平維盛が法住寺殿で青海波を舞ったときの、えこぶんこのマンガ漫画イラストです
維盛の青海波舞


↑現パロすると、こんな感じに違いない。





▼シェアボタン
 

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村





※参考文献/「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏/「建礼門院右京大夫集全注釈」(講談社)糸賀きみ江氏/「平家物語」新日本古典文学大系(岩波書店)梶原正昭氏・山下宏明氏

【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所