主役登場はさりげなく!平資盛-2【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】|平家都落

前回のつづきです。ちょっと拗ねたような右京大夫の和歌に対して、平家の男性陣の反応は?

『建礼門院右京大夫集』<9~11番詞書>より 
古文の平家物語と建礼門院右京大夫集の「もろともに尋ねてをみよ一枝の」の中宮徳子と平維盛と平重衡と平資盛と藤原基通のえこぶんこの現代語訳あらすじイラスト漫画です

古文の平家物語と建礼門院右京大夫集の平資盛がもろともに尋ねてをみよ一枝の花に心のげにもうつらばの歌の、えこぶんこの現代語訳あらすじ漫画イラストです
建礼門院右京大夫集9番
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。

◆解説目次◆ ・藤原基通と後白河法皇-歴史を動かす二人の関係
・小松家と後白河法皇-見捨てられた資盛

藤原基通と後白河法皇-歴史を動かした二人の関係


漫画は恋の始まりっぽい雰囲気ですが、
解説は前回の記事に引き続き、藤原基通さんについてです。

倶利伽羅峠の戦いに敗れ、木曽義仲が今にも都に攻めてくるという事態になった寿永二年(1183年)7月25日、平家は遂に都落ちを決行しました。

 都落ちといっても、当初の計画では、三種の神器安徳天皇後白河法皇摂政・藤原基通を連れて行く予定でしたので、これが成功していれば、平家は充分に官軍を名乗ることができました。

しかし実際には、後白河法皇には逃げられ、摂政・藤原基通にも逃げられてしまいます。

  後白河法皇は、都落ちの直前7月24日夜に、密かに京都を脱出し、比叡山に身を寄せます。摂政・藤原基通は、一旦は平家と共に西国に下向するフリをするのですが、途中で引き返してしまいます。

結果、平家の正統性を主張しうるものは、幼い安徳天皇と三種の神器しかなくなってしまいました。

 さらに京では、神器なしで後鳥羽天皇が即位したことによって、平家の正当性は完全に失われてしまいました

「源平の戦い」と言われますが、この時点まで平家は、反乱軍を討伐する官軍でした。
 しかしこの時、後白河法皇がハッキリと平家と決別し、後鳥羽天皇が即位するに至って、平家が賊軍として追われる身になることは確実になってしまったのです。

古文の平家物語と建礼門院右京大夫集の平知盛と平宗盛と平重衡の、えこぶんこの漫画イラストです




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「 法皇の京都脱出」という平家にとって最悪の事態を招いてしまった原因は、平家の中で内密に話し合われていた都落ちの計画が、直前にバレてしまったからです。

 実はこの計画を後白河法皇に密告した人物こそが、この藤原基通でした。

 藤原基通は、摂政といってもまだ24歳で、この頃後白河法皇から大変な鍾愛を寄せられていたといいます。その好意を利用して、基通はこっそりと後白河院に寝返ったのです。 (『玉葉』)

 土壇場で保身に走った基通の行動は薄情にも思えますが、摂関家嫡流の基通に、西国で平家と運命をともにするほどの義理があるかと言われれば、やむを得ない選択だったのかなという気はします。

 後世、基通の子孫が、五摂家の一つ近衛家として長く続くことを思うと、この判断は摂関家を護った行為だったとも言えます。





小松家と後白河法皇-見捨てられた資盛


ところで、 小松家(特に資盛)も後白河法皇と密接な関係にあったことは、以前の記事にも出てきました。

 そのため、都落ちのとき、「小松家の公達だけは、院の元に帰降するのではないか」という噂もあったようです。 (『吉記』)

 実際には小松家の公達も一族に従い、西国行きに同行することになるのですが、平家主流と足並みが揃っていたとは言えない状況でした。


古文の平家物語の平家系図の平清盛と重盛と宗盛知盛重盛の関係の、えこぶんこの漫画イラストです。
平家略系図



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 資盛の場合

都落ちの直前まで(7月21日)、資盛は後白河院の宣旨で近江に出陣していました。

院の近臣さながらに仕えていた資盛にとって、後白河院の逐電は信じられない出来事だったことでしょう。

資盛は法住寺殿に入り、後白河院との接触を試みます。ですが、既に比叡山に脱出していた院と連絡を取ることは叶わず、結局資盛は、西に向かう平家本隊に合流することになります。

 突如見捨てられたに等しい資盛の心中は、どういうものだったのでしょうか。

資盛は、4ヶ月後の寿永二年11月にも、西海から後白河院に手紙を出しますが、これも相手にされませんでした。

参考:「平家の群像」(岩波新書)高橋昌明氏/「平家後抄」(朝日選書)角田文衛氏

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  維盛の場合

一族の皆が妻子を伴って西国に下っていく中、維盛は妻子を都において行きます。

 前述のように維盛の妻は、鹿ケ谷の陰謀で平家を裏切った藤原成親の娘なので、連れて行っても肩身の狭い思いをさせることになると思ったからでしょう。


 また、富士川の戦い、倶利伽羅峠の戦いの敗北で、源氏の勢いを目の当たりにしていた維盛は、都落ち後の平家に希望が持てず、妻子を道連れにしたくなかったのかもしれません。

『 平家物語』には、維盛が嫡子・六代を連れてこないことで、宗盛に真意を疑われる描写があります。


古文の『平家物語』「一門都落」の平宗盛と平維盛と平資盛の、えこぶんこの漫画イラストです
『平家物語』「一門都落」

参考:「平家物語 巻七」(講談社学術文庫)杉本圭三郎氏

数々の非情な亀裂を生んだ平家の都落ち。ほんの数年前には、右京大夫集の今回の話にあるように、維盛も資盛も藤原基通も、一緒に仲良く花見をしていたのだと思うと、せつない気持ちになりますね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ツッコミ解説が、全然恋のお話ではありませんでしたね。
 (ーー;)
 次回からは、いよいよ、資盛と右京大夫の恋が進展します。お楽しみに!





▼シェアボタン


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村





※参考文献   /「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏 /「建礼門院右京大夫集全注釈」講談社学術文庫 糸賀きみ江氏 /「平家物語」新日本古典文学大系(岩波書店)梶原正昭氏・山下宏明氏


【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所