内裏近き火事!たのもしい平重盛【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】|平家物語

 宮中エピソード編・第一弾は、平重盛登場! 内裏の近くで火事が発生?!
慌てふためく人々の目の前にさっそうと現れたのは・・・
あらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<58番詞書>より
古文の平家物語と建礼門院右京大夫の平重盛のイラスト漫画現代語訳
古文の平家物語と建礼門院右京大夫の平重盛のイラスト漫画現代語訳
古文の平家物語と建礼門院右京大夫の平重盛のイラスト漫画現代語訳
建礼門院右京大夫集58番



漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。
◆解説目次◆ ・登場人物
・近衛府は宮中の花形!
・清盛が最も信頼していた息子、重盛

登場人物

平重盛(たいらのしげもり)
平清盛の長男。維盛・資盛の父。


右京大夫(うきょうのだいぶ)
中宮・徳子に仕える女房。

近衛府は宮中の花形!

 今回は少し時間を遡って、 右京大夫の恋人・資盛のお父さん、平重盛が活躍するお話です。
 右京大夫集には「いづれの年やらむ、五節のほど」(いつの年だろうか、五節の頃)とありますが、この火事は記録が残っていて、安元元年(1175年)11月20日の火事のことではないかと指摘されています。

このとき重盛は、正二位。このくらいの高位になると、通常は武官の装束を着ることはなかったのですが、重盛は非常時とみて、ここぞとばかりに矢を背負って颯爽と現れたわけです。
 「これでこそ、右近衛大将!」
とみんな、重盛の参上に安堵しました。

・・・え?
火事に矢がいるのかって?
(むしろ、ジャマでは・・・)

重盛は、武官の恰好をすることで、近衛府の長官として中宮様をお護りします!という気概を見せたわけですね。

今回の話は、『平家公達草紙』にも採用されていて、そこではさらにグレードアップして、重盛は矢だけでなく銀の籠手をつけて参上したことになっています。火事に籠手は(略)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


近衛中将と近衛少将が右近の橘の脇にたつ漫画イラストです
近衛府というのはその字のとおり、天皇の近き衛り、内裏の内郭諸門を警備しました。左近衛府、右近衛府の二つからなり、幹部(大将・中将・少将)は、宮中の花形ともいえる役職でした。

平安時代モノの漫画や小説に、よく「中将さま」「少将さま」と呼ばれる人が登場しますが、これは、右近衛中将(少将)、左近衛中将(少将)のことです。

近衛というからにはマッチョな武人だったのかというと、そういうわけでもなく、近衛中将(少将)は、名誉職のようなもので、エリート貴族の出世コースとなっていました。
実務を担当した近衛将監以下とは、はっきりとした身分差があったようです。

権門の若き青年が務めたので、「中将さま(少将さま)」という呼び名には、カッコいい響きが伴うのかもしれません。

武官姿には、どうもコスプレ萌え要素があったのではないか、という話は以前の記事にも書きましたが、

 このときも、非常時にも関わらず、武官姿の官人たちがキビキビと動く様に、つい見惚れてしまっているような描写です。

 平治の乱(1160)からすでに15年。 平和な時代が続いていましたから、非日常の緊迫した空気の中、武官姿の男性たちが右に左にと駆けまわる様が、頼もしくも凛々しくも思えたのでしょう。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 こんな悠長なことを言っていられるのも今のうちで、この五年後には、比べ物にならないくらいの大騒動(治承寿永の内乱)が始まるのですが、まだ誰も知る由もなかったわけです。






平清盛が最も信頼していた息子、平重盛。

平重盛は清盛の長男です。

 保元・平治の乱でも活躍し、 保元の乱では、清盛が静止するのも聞かず、源為朝に向かっていったという豪胆な面も伝えられています。
だから重盛に関しては、今回のお話の武官姿もコスプレではなく、本物の武士の気迫を感じられるものだったでしょうね。

重盛の母親は身分が低かったため、重盛には母方の後ろ盾がありませんでしたが、その実績と人柄から、清盛の後継者として順調に昇進を重ねます。
重盛は、清盛から平家の総帥の地位を継承する一方、後白河院にも重用され、 清盛と後白河院という二大権力者の間で、調整役を担いました。

重盛は、曾祖父・正盛以来近しい関係にあった院の近臣・藤原家成・成親一族と深い姻戚関係を結ぶことで、院との結びつきを強めていきましたが、治承元年(1177)、鹿ヶ谷の陰謀に藤原成親が関わっていたことで、一転、立場を悪くしてしまいます。

治承二年(1178)、時子の娘・徳子が高倉天皇との間に、言仁親王(のちの安徳天皇)を産むと、これによって平家は直接王家に介入するルートを手に入れ、時子の長子・宗盛が脚光を浴びていくようになります。
重盛は一応、徳子を猶子としていましたが、やはり、一族の中心となっていったのは時子の子である宗盛・知盛・重衡でした。

こうした中、治承三年(1179)、重盛は、41歳で生涯を閉じます。
「平家物語」では、清盛の悪行に心を痛めた重盛が、熊野参詣で自ら寿命の縮まることを願い、清盛が派遣しようとした宗の名医の診察も断ったということになっています。
平家物語巻三無紋、医師問答の現代語訳イラスト漫画です。


重盛に先立たれた清盛は悲嘆にくれ、後白河法皇が、重盛の領地を没収したことに大いに怒り、これが治承三年のクーデターの一因にもなりました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

重盛の没後、平家の主流は、時子の子である宗盛兄弟に移り、後ろ盾を失った維盛たち小松の兄弟は、平家一門の中で孤立した存在になっていきます。




▼シェアボタン
 

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村



※参考文献   /「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏 /「建門院右京大夫集全注釈」講談社学術文庫 糸賀きみ江氏 / 「平家物語」新日本古典文学大系(岩波書店)梶原正昭氏・山下宏明氏 /平家物語図典」(小学館)



【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所