本気で褒めたのに!高倉天皇のやさしさ【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】|平家物語

月の美しい夜、素晴らしい笛の音が聞こえてきました。右京大夫は思わず褒めちぎるのですが・・・。
まずはあらすじを漫画でどうぞ。
『建礼門院右京大夫集』<12~13番詞書>より 

建春門院右京大夫集と平家物語の、高倉天皇の笛のお話。現代語訳とあらすじ解説マンガ。
建春門院右京大夫集と平家物語の、高倉天皇の笛のお話。現代語訳とあらすじ解説マンガ。
「さもこそは数ならざらめ一筋に」の歌の、建春門院右京大夫集と平家物語の、高倉天皇の笛のお話。現代語訳とあらすじ解説マンガ。
建春門院右京大夫集と平家物語の、高倉天皇の笛のお話。現代語訳とあらすじ解説マンガ。
「笛竹の うきねをこそは 思ひ知れ」建春門院右京大夫集と平家物語の、高倉天皇の笛のお話。現代語訳とあらすじ解説マンガ。
漫画は、原文を基にえこぶんこが脚色しています。

◆解説目次◆ ・登場人物
・高倉天皇・・・優しい!!
・平家政権の屋台骨・高倉上皇の若すぎた崩御

登場人物

高倉天皇 たかくらてんのう
第80代天皇。父は後白河法皇。母は建春門院(滋子)。

右京大夫 うきょうのだいぶ
中宮・徳子に仕える女房。

高倉天皇・・・優しい!!

今回は、高倉天皇の笛にまつわるお話です。

右京大夫の祖父(大神基政)は笛の名手であり、母(夕霧)は箏の名手、右京大夫自身も箏を得意としています。そんな右京大夫ですから、音楽の巧拙を聴き分ける耳を持っていたはずです。

おべんちゃらで褒めた訳ではないのに、高倉天皇に「そら言」と言われ、傷ついちゃったのですね。それにしても、その後の高倉天皇の対応が素晴らしい。

 右京大夫の立場では高倉天皇と直接言葉を交わすことはできませんので、このやりとりは伝言ゲーム方式で行われたのですが、高倉天皇の大らかな気性が伝わってくるエピソードですね。
 女房に過ぎない右京大夫にまで心を配れる、優しい方だったんでしょうね。





平家政権の屋台骨・高倉上皇の若すぎた崩御

高倉天皇は、第80代天皇。父は後白河院。母は前回登場した建春門院滋子です。

六条天皇(五歳)の譲位を受けて、八歳で即位しました。
八歳の天皇に、五歳の上皇・・・?
なんのママゴトかと思うでしょうが、これは、当時後白河院と対立していた二条天皇親政派を牽制するための措置でした。
後白河院と二条天皇と高倉天皇の皇位継承の順系図 平家平氏系図

承安元年(1171)徳子が入内したとき、高倉天皇は十二歳、徳子は十八歳でした。
高倉天皇に清盛の娘・徳子を入内させることには、周囲の反対もありましたが、建春門院滋子の取り成しにより成立したと言われています。

 六歳差の政略結婚でしたが、右京大夫集を読む限り、高倉天皇と徳子の仲は良好だったように思われます。ただ、平家一門の期待を一身に背負う立場で宮中に放り込まれた徳子には、壮絶なプレッシャーがあったことでしょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

治承二年(1178)、徳子に待望の皇子、言仁親王(後の安徳天皇)が生まれます。治承四年(1180)高倉天皇は言仁親王に譲位し、ついに清盛は天皇の外祖父になりました。

実はこのとき後白河院は、清盛によって既に幽閉されています。(治承三年のクーデター

 幼児の安徳天皇に親政は行えませんから、高倉上皇が平家と協調する形で院政を敷きました。ところが、同年、安徳天皇即位に不満を抱いた以仁王の反乱が勃発。相次ぐ政情不安の中、高倉上皇は二十一歳の若さで崩御します。 若すぎる高倉上皇の崩御は、平家政権にとって、大きな痛手でした。

幼児の安徳天皇では政務が行えないので、やむなく、クーデター以来幽閉状態だった後白河院を解放せざるをえませんでした。 この時点で後白河院は、清盛に怒り心頭だったでしょうから、今更、平家とうまく連携できるわけがありません。

この頃なんと平家側では、徳子を後白河院に嫁がせるという案まで浮上していたようです。徳子に第二の建春門院となることを期待したというところです。

・・・が、夫の父親と再婚しろ、とはなんと鬼畜な要求だろうか。

さすがに徳子も頑なに拒否したようです。 (そりゃそうだろう)
 清盛もそれ以上の無理強いはしませんでした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

治承五年(1181)、四面楚歌の中、清盛も他界してしまいます。
各地に相次ぐ反乱に対し、平家は官軍として反乱軍を追討していたのですが、寿永二年(1183)平家の都落ちに至って、後白河院は平家を見限り、一転、源氏側を官軍として平家を追討する方針に切り替えます
都落ちの詳細はこちらの記事を参照ください。


賊軍となった平家は、滅亡への道を転がり落ちるしかありませんでした。
高倉上皇の崩御は、平家政権の屋台骨が崩壊した瞬間でもあったのです。



▼シェア


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村



※参考文献   /「建礼門院右京大夫集・とはずがたり」新編日本古典文学全集(小学館)久保田淳氏 /「建礼門院右京大夫集全注釈」講談社学術文庫 糸賀きみ江氏 /「平家物語」新日本古典文学大系(岩波書店)梶原正昭氏・山下宏明氏



【おすすめ記事】

平家花揃えが面白い 維盛の恋愛問題 ムードメーカー!平重衡 資盛、突然の訪れ バレたくなかった 人物ランキング 高倉天皇の優しさ 隆信の横恋慕 資盛と右京、今生の別れ 風のおびただしく吹く所 重衡の生け捕り 維盛の入水
【記事一覧】他のお話はこちらからどうぞ!

【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】
<プロローグ>
■建礼門院右京大夫集ってどんなお話? 1

<これが平家の公達だ!編>
■スーパーアイドル!平維盛 1
■唯一の弱点?!維盛の恋愛問題 1
■平家のムードメーカー!平重衡
■真面目な琵琶名人!平経正 1
■主役登場はさりげなく!平資盛 1

<資盛との恋~宮中編~>
■恋なんてしないはずが?資盛のアプローチ
■忘れていたのはどっち?資盛の挑発
■雪のあした。資盛、突然の訪れ
■バレたくなかった!重衡・維盛の反応 1
■右近の橘!雪の資盛in宮中

<宮中エピソード編>
■内裏近き火事。頼もしい平重盛
■後白河院最愛の美女!建春門院滋子登場
■本気で褒めたのに!高倉天皇の優しさ
■五節の櫛!平宗盛のプレゼント

<隆信との恋編>
■どういうつもり!藤原隆信の横恋慕 1
■右京大夫、宮仕えやめるってよ
■わたしは何なの?隆信の結婚
■恋は追う方が負け?隆信の失言

<平家滅亡編>
■遠くに聞くだけ。資盛の熊野詣
■資盛との再会■枯れたる花
■寿永二年■倶利伽羅峠の惨敗!
■平家都落■資盛、最後の願い
■資盛と右京大夫、今生の別れ!
■六波羅と西八条■大宰府落ち
■風のおびただしく吹く所
■梅の花と資盛■一の谷の合戦
■重衡の生け捕り■維盛の入水
■屋島の資盛へ手紙を
■資盛からの最後の便り!
■壇ノ浦の戦い! ■壇ノ浦の戦後処理

<追憶の旅編>
■北山の思い出
■大原へ。建礼門院を訪ねて 1
■右京大夫、旅に出る
■比叡坂本、雪の朝の思い出
■波の底の資盛に■星合の空

<再出仕編>
■後鳥羽天皇に仕える
■宮中で資盛の名を聞く
■藤原隆房、藤原公経との贈答
■藤原俊成九十の賀に

【コラム】
■平家物語登場人物ランキング!
■平家物語名言集!
■平家美男子カタログ!平家花揃が面白い
■平家物語おすすめ本7選!
■平家が題材の江戸川柳が面白い|
■平家物語あらすじと見所